スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 東へ西へ ~西編 

山に行ったら、今度は海だ!

バスターミナルという訳で、ここは
サンティアゴのバスターミナル。

三連休初日が終わろうとしてる
頃の提案は変更もなく、
次の日はバスで海の方へ。

目指すは、サンティアゴから
一番近いであろう海港都市、
バルパライソです。

バルパライソは、「迷路のように入り組んだ歴史のある美しい町並み」として、
2003年に世界文化遺産に登録された町。山の中腹を切り開いて造られた古都で、
急斜面にはカラフルなトタン屋根の家々がぎっしりと張り付くように並んでいます。
冬になると雨が多くなる地域。
昔、ヨーロッパから船が運んできたコンテナに使われている鉄板を家の壁に貼り付けて、
風に煽られ吹きつける雨から家を守ったという人々の知恵が、今の街並みに残っているといわれています。

バルパライソ -1バルパライソ -2
バルパライソ -3バルパライソ -4

はっきり言ってしまおう。
今回は目的がおすすめラザニアだったので、観光に力が入っておらず、写真はよく撮れていません。
斜面に家が並んでいる様子がわかるかな?わからないねー。世界遺産というのに。
ご存知ですか?チリには5つの世界文化遺産があります。

ラパ・ヌイ国立公園 / チロエの教会群 / バルパライソの海港都市の歴史的街並み
ハンバーストーンとサンタ・ラウラの硝石工場群 /スウェルの鉱山都市

世界遺産好きとしては、あと2つくらいはこの目で見てみたいわ。
自然遺産も含めて現在14の世界遺産がある日本って、端的に言ってしまえば素晴らしいってことなのね。
と、よそ事を言ってみましたが、この急斜面の上に行く人々の足として使われているのが、
アセンソール。
現在も住民の足になっているかどうかは、???ですが、100年以上前に造られたものが
今も町のところどころに15基ほど動いています。
普通の建物と並んでひっそりとあるので、わりと探します。こんなかんじで。

アセンソール-1 アセンソール-2
あった! とこんな具合で、もういっちょ。

アセンソール-3 アセンソール-4

アセンソールは、日本語訳するとエレベーターです。
んが、エレベーターというよりは、どう見ても、ケーブルカー。

アセンソール-5

結構な傾斜を ドガドゴン あるいは、 ズタタタン と昇って下りて。
安全性のことを考えると途端に乗りたくなくなってしまいそうな乗り物ですが、
このレトロ感がたまらないだとか、100年前生きていた人たちも利用していたんだー
なんてことにロマンを感じられる人には、素敵な乗り物です。
わたしは気に入りました。今度行ったら、また違うアセンソールに乗ろうと既に心に決めています。
乗る箱はかなり小さいです。

アセンソール-6

一応、2、3人は座れます。が、それ以上乗ったら怖いんじゃ・・・
と思いきや、帰りは7、8人で乗ってしまいました。無事です、わたしたち。

アセンソール-7 Tango

昇ったら、なんだか晴れて。ダンスする人なんかにも出くわして。
ここでランチ。お店はすぐに見つかったけれど、一度目はいっぱいだと締め出されてしまいました。
諦められず、二度目。名前を聞いて、30~40分お待ちいただきますとのこと。
名簿を見ると、ココは日本かと思うくらいに待っている人がたくさん。
え、ものすごい人気店なのでは!?でも、外から見る限り、空いてるテーブルもあるんだけどなー。
これを目当てで来たので、30分時間を潰して三度目。無事お店に入れてもらえました。
目当てのラザニアを頼み、満足。お勘定をして店を出ようかと思ったところで、問題発生。
一緒に食べたマードレが具合が悪いと言った途端、かわいそうなくらいに蕁麻疹だらけに。
最近の疲れとビールとエビか貝のアレルギーと、全部が合わさって、体が反応してしまったのでしょう。
店員さんに具合が悪いことを伝えてお水を頼んだけれど、飲めないまでに喉も腫れてしまったようで・・・。
動悸も激しくなるのを見て、少々慌てたけれど、意識はしっかりあるので、そのまま様子をみることに。
少し腫れがおさまって、お水が飲めるようになった頃、お手洗いに行くと言うマードレに付き添うと、
別の店員さんが近寄ってきて、どうしたのかと訊いてくれました。
たぶんアレルギーだと伝えると、ちょっと待っててと合図して、しばらく奥に入った後、
なにやら薄い茶色をした怪しげな液体をグラスに入れて持って来てくれました。
ぺらぺらぺら~とスペイン語で言われたので、よく理解できなかったけれど、
悪いものは一切入っていない天然の物で、安全だから。と言われたので、とりあえずはお礼を言って
聞き取れたままを伝えながらマードレに差し出すと、怪しがって飲まないのかと思ったら、
「じゃ、いただきまーす。」とあっさり飲んだから、こちらがビックリ。年取ったら警戒心って強くなるんじゃ?
その後、だいぶ楽になったと少し休んで帰ることができました。
何だったのかな、あの液体。少し飲んだ感じ、
バルパライソ -5 前にわたしも口に入れたことのある味だった。
漢方のような・・・南米にもこんな液体があるんだ
と勉強になった。と同時に、日本から同じような
物を買って持ってくればよかったと後悔。
わたしが美容院で貰ったあの薬を!
一生懸命だったわたしに、危なく呼吸困難にさえ
なりかねなかった張本人は、「あの薬くれた人、
偉い人だったのかしら。カッコよかったわねー。」
お店を出る時、仕事している彼をトントンと叩いて、
「ありがとう!」とちゃんと言ってきたマードレ。
そうしたらその彼、こちらからどうぞ。
と一番近い鍵の掛かった門に案内してくれて、
その頃には落ち着いたわたしもお顔を見ることが・・・
いえ、ちゃんとお礼を言うことができましたわ。
ええ、マードレの言うとおり、たしかに若くて
一番カッコよかったかもしれませぬ。

国会議事堂や海軍総司令部もあるバルパライソ。


メトロ  バルパライソをあとに、
  電車に乗って、 ビーニャ・デル・マールへ。

  いろいろなこともあったし、
  ちょっとした病み上がりの人も居るし、
  特に何もしなかったなあ。

  何かした?
  うーん、トイレ探し!
  売店のおばちゃんって、
  どこのトイレ行ってるのかしら?
  というマードレの発言で、訊いたのよ、わたしが。
  それくらいしか覚えてない。。

とりあえず、ビーニャ駅前の写真を一枚。こんなかんじ。バルパライソより都会です。建物も高いです。

ビーニャ・デル・マール

あーーー長かった!こんな文章読んで下さった方、尊敬します。
もはや読んで頂く日記ではなく、完全にわたくしの備忘録です。またしても。これまでも。いつまでも。
ここはまた行くと思うので、今度こそは読んで頂けるものを書こうかと!!・・・無理でしょう。
[ 2009/04/17 10:43 ] 車の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:6

読んだよ

全部読んだよ。
つーかSkypeした時、そんなこと一言も教えてくれなったじゃんっ!
パードレもマードレも日本の裏側で無理は禁物です。
お大事に。。。
[ 2009/04/17 23:59 ] [ 編集 ]

★おねえちゃん

読めた?
本人が言うかなーと思ったら、言わなかったもんね。
パードレの熱もほぼ下がり、マードレは至って元気です。ご心配なく。
[ 2009/04/18 13:46 ] [ 編集 ]

マードレよくなったなら安心だわ。
でもびっくりしちゃうね。。
ケーブルカーこわいよ。ダムとかにかかってるEVみたい・・・・。
ラザニアの写真はないの??
見たかったな~食べたいな~
[ 2009/04/20 11:11 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

ラザニアの写真、この記事の前に載せた分だよ。
http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/c/h/a/chachara/026.jpg
アセンソールのこわさ伝わる?
でも、坂道も楽々。なかなかいい風情の乗り物よ。
[ 2009/04/21 11:07 ] [ 編集 ]

あ、これか、ごめん見てた!!
とってもおいしそう。。。
アセンソールかあ、乗ってみたい気もするけどそんなチャンスが私の一生の間にあるだろうか。・・・ないだろう。。
[ 2009/04/22 09:21 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

何事も決め付けはよくないぞー。
はなからその気がないなら仕方ないかー。
[ 2009/04/29 09:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/51-3cf53bed







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。