スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 東へ西へ ~北編 

¡ Feliz día de Pascua !
今週はサンタさん週間でした。いえ、ウソをついてはいけません。
正しくは、セマナ・サンタ(聖週間)=復活祭前の一週間で、
カトリック信者の多いこの国も、聖金曜日、聖土曜日、復活祭と休日です。

三連休の初日は、朝から車で目指すは北。そして東へ。
休日の朝だったからか、北を目指す人が少なかったからか、どういう訳か知らないけれど、
サンティアゴの平日には考えられないくらいのガラガラな道を車はスイスイ。
こちらに来て、ドライブというドライブは初めて。高速道路時速120kmは当たり前で飛ばしていきます。
そんな高速道路で自転車を走らせる人々には面喰った。やっぱり恐ろしいよぉ。

今回それぞれの持っている目的が、次のとおり。
  運転席の人: お気に入りレストランでのランチ
  助手席の人: アルゼンチン国境越え/アコンカグアを近くで見る/あわよくばメンドーサ
  後部座席の人: 連れて行ってもらえるのなら、どこへでも~♪
            だから、全部決めてね。何もできないから、面倒もみてね。
すべてを適えるのは難しいので、みんなの中間を取っての行動になりました。

まずは車を北へ走らせると、わたしたちを出迎えてくれたのは、大きな山々。その名も、ロス・アンデス。
こちらのお山は日本のお山と違って緑が少なく、その代わりサボテンがワシワシ生えています。
写真では山の大きさがなかなか伝わらないので、右端に人を入れてみました。分かるかな?

ロス・アンデス

山道は半トンネル(?)がいっぱい。
回廊みたいでちょっと洒落てる~なんて気に入ったら、これは雪よけだとか。

山道-1  山道-2
  雪よけ屋根付きを走る車窓より            遠くから見るとこんな感じ

誰しもが同じ物をイメージするだろうトンネルは、人の手で掘ったんじゃないの?
というくらいの狭いものも。それでも、トラックびゅんびゅん。こわいです。

最初の目的地は、冬場スキーリゾートとして有名なポルティージョという所。
スキー場というくらいなので、山を登らなくてはいけません。
そこで登場するのが、いろは坂ならぬ、29本のくねくねカーブ。
い、ろ、は・・・と振っていけばいいのに、と言っていたら、標識が立っているではないか。

Curva 27
   何せ山道なので。
   何せ南米なので。

   これは古めの看板。
   新しめのもあったよ。

   でも、岩に書いてある所も。
   書いてない所が大半だけど。

   全部揃ってないところが、
   これまた素敵。

アルゼンチンとチリの国境越えできる山道ということで、トラックもたくさん通るくねくね道。
大きなトラックは、上りも下りも時速15kmくらいで、えっちらおっちら。わたしたちはシューッと行くけどね。
読みにくいけれど 27 ということは、あと2つ。上り切ったあと、上から撮影。
あら?まだこれは途中だったかな。

29 ZigZag

ここで、人生初コンドルとも会えました。それはそれは羨ましいほどに優雅に飛んでいて。
前にこんな質問があったのを思い出した。あなたは生まれ変わるとしたら、
南米を優雅に舞う コンドル になりたいですか?
それとも、大海を渡る クジラ になりたいですか?
わたしは、空かなー。海も捨てがたいけれど。

さて、ポルティージョ到着!と同時にものすごい景色が目の前に広がっていた。

ラグーナ・デル・インカ - 1

自分の目がおかしくなったかと、目を凝らしてみたけれど、何も変わらず。
そこにはラグーナ・デル・インカという雪解け水で出来ているだろう湖に、山々が映っていたの。
これには一同、 大 ・ 大 ・ 大感動 !!!!!
空気もよく、お天気もよく、信じがたいような風景を目の前に、最高の気分。
右端の水面にある線は、湖の中にある桟橋のようなものが透けて見えているんだよ。
時々、お魚らしきものが動いているのも見えました。お水、綺麗なんだねー。

ここで我々は持参した軽食とあたたかいコーヒーで、しばしの休憩タイム。

おにぎり

  気分はピクニック!?


  とてつもなく似つかわしくない
  おにぎりとアンデス。

  ごめん、どこまでも日本人で。

  ちなみに鮭のおにぎり。
  おいしかったよー。

こんなにも美しい場所なのに観光客はそれほど居らず、まさに憩いの場。
これは本当にある景色なのかと疑いながらも、これからもずっと忘れないように・・・と観ていたとき。
頬に風を感じた次の瞬間、今まで鏡のようだった水面に漣が立って、湖はまた別の顔に。

ラグーナ・デル・インカ - 2

ものすごい条件のときに、ここを訪れたのだと実感。無風だったんだね。
この漣がおさまるには、どれくらいの時間が必要なんだろう。
神様、キリスト様、どうもありがとう。(こんなときだけ。)

風は強くなるばかり。ここは標高2800m程。アルゼンチンとの国境近く。
次の目的地へ・・・行きたいけれど、今回はこの辺で。
[ 2009/04/13 10:39 ] 車の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

すっごーい うらやましい!!
いいなあ。。。
おいらもいきてー!
楽しそうなピクニックだね。いいなあいいなあ。
こういうの大好き。
[ 2009/04/14 09:49 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

すっごーい よかったよ!! こっちにおいで~。
そうえいばお弁当持って出掛けたことないね。
今度お弁当持参で、Let's go on a PICNIC ♪
[ 2009/04/16 10:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/50-6b94a1bd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。