スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 23時なのにケーキ 

パードレの友人のお宅に招かれて、ディナーを御馳走になってきました。
先月、我が家から歩いて6、7分という所にお引越しなさったそうです。
わたしも実は今回が初対面ではありませんでした。30年振りの再会です!
全く記憶にはありませんが。

ご招待いただいたのは、20時30分。ちょっと早めに着いてしまいました。
はじめ、アパート入口のコンシェルジュさんに違う入口に案内されました。
日本人と見て、日本人宅へ案内するつもりだったようです。
両親はその方ともお知り合いみたいですが、今日は違うんですよー。

エレベータ降りたら、直玄関です。お手伝いさんに出迎えられて、応接間で待ちました。
こちらでは家政婦さんを「ナナ」さんと言います。
出迎えてくれたのは男性だったので、ナノさん?? ←絶対違う。
男性の場合は、執事というべきなのかな?
この日はナナさんが、2、3人いらっしゃいました。お料理の準備もしてくださったみたいです。
ごはんを待っている間、フルーツとチーズとお酒などなどを頂きました。おいしかったー。
お酒はこちらへ来て初めての‘ピスコサワー’を頂きました。
口当たりが良く、とても美味しいけれど、キツイです。例外なく真っ赤になりました。

晩ごはんは場所を変えてダイニングにて。
ここでは白ワインを頂きました。あー、もっとアルコールに強くなりたい今日この頃。
パードレの友人ご夫婦と、ご夫人のお母様と、次女の方と、我々3人、計7人で楽しいひとときでした。
ご夫人のお母様は、92歳。お元気で、とてもお若いおばあちゃまです。
これまたマードレとわたしを見て、「ご姉妹なの?母と娘なの?」とご夫人に聞いたそうで。
マードレがスペイン語で自分の年を言うと、驚いたような顔をして「肌が綺麗で若い」って。
わたしは~?ねぇねぇ、わたしは~?

お部屋も見せてもらいました。
ここのアパートは外観からして少し変わっているので、どうなっているのか興味津々でしたの。
船をイメージしてあるのか、先が尖っているデザインでした。
尖っている所は、お風呂場でした。すごく広くて羨ましい!けれど、絶対お掃除大変。
お風呂とトイレの窓はすべて丸い形をしていました。やっぱりお船なんだね。
そして、お風呂は2つありました。おそらくお手伝いさん用にもう1つはあるはず。

お部屋のいたるところには家族写真と、ご夫婦が描いたという絵画がたくさん飾られていました。素敵!
週末は、いつもお山の少し上の方の別荘でお過ごしになるそうなので、
今度はそちらにも遊びに行かせていただきます。
「毎週来ればいいじゃない」とご夫人。嬉しいけれど、それはちょっと遠慮させていただきま~す。

我が家に帰ってみれば、午前1時。
これでもこちらのお国では早いお開きだそうな。2時3時あたりまえらしい。
そういえば帰ってきた時、うちのアパートの多目的ホールでもまだまだ飲んでたわー。
みんなー、平日だよー。明日の朝だいじょうぶなのーーー?
これが大丈夫らしいよ。慣れてるから。
[ 2009/03/21 05:58 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/31-5a62a272







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。