スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 パタゴニア紀行 

そんな大層なものではないけれど。パタゴニアの記事をまとめて、どかっと。パタゴニアは、

南米大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称(Wikipedia抜粋)

だそうで。知ってるって?要は南の方です。
南極に近付く訳で、年中通して寒い場所です。風もすごく強い。チリ側は、雨も多い。

着陸間近。飛行機から見えた、海!

Estrecho de Magallanes

そう、あのフェルディナンド・マゼランが発見した、かの有名なマゼラン海峡です。
スペイン語では、エストレーチョ・デ・マガジャーネス(マガリャーネス)。
雲が水面に映って、島のよう・・・なんて、ちょっと素敵ぶってみましたが、
この写真を撮っているわたし、かなりグロッキーです。風の影響か、飛行機かなり揺れました。

着いたのは、プンタ・アレーナスという街。

Punta Arenas

右は、チリの国旗。左は市旗というか、この地域の旗だそう。
どうみても、マゼラン海峡をデザインしたものだと思われる。そうでしょ?

Punta Arenas

雨が非常に多くて、なんといっても風が強い!吹き飛ばされそうなくらいの風。
これが、プンタ・アレーナス。と、ガイドのオスバルドさん。
毎回わたしを助手席に座らせて、ゆっくりと喋ってくれる、とても親切で優しいおじさんでした。

Estrecho de Magallanes

マゼラン海峡沿いのドライブは、最高に気持ちがよかった。空の青と海の青は、格別。
では、プンタ・アレーナスの街をちょっと丘の上から見てみましょう。

Punta Arenas

と、登りかけたところの柱になにやら表示。どれどれ・・・

Punta Arenas  大阪はあちらの方角に
  あるそうだよ。
  きっとこれを作った時、
  大阪人が居たんだろうなー。
  だって、普通は東京って
  表示する気がするんだな。
  これって、関東人の考え?
  いや、だって、普通
  首都でしょ、普通。ねぇ?  
  17,116kmだって。
  う~ん、よくわからないや。
  きっと遠いんだろうね。

そんな表示を確かめて、小高い丘の上から望んだ街はこんな感じ。

Punta Arenas

大きくないけれど、さほど小さくもない、でもこじんまりと可愛らしい街。

Punta Arenas

最後にオスバルドさんが薦めてくれたレストラン。内装が楽しかったので、載せてみます。

LA LUNA

魚、海鮮料理のお店。
オスバルドさん、別れ際に名刺くれました。
今度、プンタ・アレーナスを訪れる時はご連絡しますので、またご案内よろしくです。

Ñandú

おまけ。オスバルドさんも撮ってくれた、ニャンドゥ。これは、わたしが撮ったんだけれど。
[ 2010/01/30 11:11 ] 飛行機の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/306-9f5051ac







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。