スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 サルミアッキ 

フィンランド人に、試してみる?と、もらった飴。

Salmiakki

その名も、 SALMIAKKI
フィンランドではありふれた、国民に愛されているお菓子だという。
聞けば、「amoníaco が入っている」というではないか。
え?アモニアコって、アンモニアのことだよなー・・・。

と思ったけれど、なんでも食べてみたい性質なので、恐る恐るながら食べてみた。
グミのような感じ。なんだ、平気。

平気じゃー・・・ん!?あーーー、きた。なんだ、この味。
大抵のものは美味しく食べられてしまうタイプだけど、ちょっと変な味だったな。
途中でやめたチリ人に対して、わたしは全部食べたけれど、もうひとつ頂戴!とは言わなかった。
いえ、言えませんでした。
「フィンランドでは、これと一緒に何か飲むの?」
と、豆腐餻のようなものとして扱われていると想像して、お酒という答えを期待したのだけど、
「ううん!何も飲まない!」と言い切られてしまった。そうよね、お菓子だもんね。
家に帰ってネットで調べてみると、

サルミアッキ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  ←リンクしました。

塩化アンモニウムなんだー。へー、これって、食べていいの???
「化学の力でいつでも中から洗浄されてる」って言ってたな、フィンランド人。
少なくとも、体質改善中は絶対食べられなかった代物だと思われる。そして、

塩化アンモニウム 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』  ←リンクしました。

『世界一不味いアメ』・・・か。
うん、もう一回食べてみたいかも。やっぱり物好きかしら?
[ 2010/01/16 10:28 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/278-3a69eee3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。