スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 理想はギャップのある男性 

題して、新春コンサート!

・・・と言いたいところですが、春ではないので、新年コンサートに行ってきました。
またの名を、クールビズ・コンサート。
皆ジャケットを脱いで、男性はシャツとネクタイ、女性は白いブラウスという衣裳。
今回は、開演40分程前にチケットを購入。前回の経験を生かして希望した2階席は、
あともう少しで満席という混みよう。早めに来て良かった。

チケット購入後、喉が渇いていたので、劇場隣りの売店へ。
レジに並ぶとわたしの前には、どこの放浪者かと思うような男性。お店の人と親しげ。
細っこいけれど、なんて声が高いんだろう。こちらの男性は声の高い人が多いなぁ・・・。

座席に着くと、トコトコと1人の演奏者が。開演20分前。もう慣れたけれどね。
今回一番乗りは、オーボエのおじさん。楽器ケースを開けて、徐に組み立てる。
もしかしたら、今日初めての音出しなのかしらー?オーボエさんの次はフルートさんだった。

1曲目: ベートーヴェン/交響曲第1番 ハ長調 作品21

自分でも、良い意味でなのか、悪い意味でなのか、分からないけれど、違う曲に聞こえた。
CDで何度も聴いているはずなのに、聞いたことない曲のようだった。チリ的ベートーヴェン?
速かったのは確か。第3楽章なんて、もはや初期のベートーヴェン作品ではない勢い。
これは指揮者の思惑だろうけど。古典派じゃないだろー。前回と同じ、2mくらいのポーランド人。

拍手に応えて、指揮者が3度程出たり引っ込んだりを終えると、セレモニーが始まった。
69周年記念のお偉いさんのご挨拶、昨年の優秀演奏者の表彰、指揮者からの挨拶など。
指揮者は、「私はスペイン語を喋らないので、すみません。」と英語でご挨拶なさっていました。
交響楽団一同からも、 "¡Feliz Año Nuevo! (あけましておめでとう)" と一斉にご挨拶。
何か、なんだか、すべてが新鮮でございました。

休憩中、ベートーヴェンを聴きながら、一番乗りのおじさんの隣りに座るオーボエの人の、
開襟気味のシャツ、赤と青の大きな模様のド派手なネクタイ、頭のボサボサ加減、
放浪者のような、流離人のような身なりが、妙に気になる。と友達に告げたところ、
「あのひと、アセロラさんが飲み物買った時、前に居た人ですよ!」と。
えぇ!?本当だ。通りで見たことあるような気がして、妙に気になっていた訳だ。
何を買っていたかなー?憶えていないなー。彼もきっと、あれから音出しをしたに違いない。

2曲目: ドヴォルザーク/交響曲第7番 ニ短調 作品70 B.141

これもものすごい勢いのドヴォルザークだった。
ブラームスの交響曲第3番の影響を受けたと言われているとは思えない、派手な7番。
新年第1回目だから、エネルギーが有り余っていたのだろうか。迫力があってよかったけれどね。

新年第1回目はアンコールにも応えてくれて、ドヴォルザーク7番の最後の最後のフレーズを。
ちょっと短すぎたけれど、拍手に応えてくれた事が嬉しく、潔くて気持ちが良かった。


さて。前回はしなかったので、今回はちょっと出待ちをしてみようかな、と友達。
閉演後のロビーで立ち止まっていると、可愛い3人兄弟に遭遇。こんな小さな子も客席に入れるのだ。
一番下の1歳になるかならないかくらいの子が、可愛すぎる。どうやら、楽団員の子供たちのよう。
そんなこんなで気が付くと、ロビーは関係者のみになっていた。
わたしたち東洋人は、あまりにも目立ちすぎるので、外へ退避。憧れのチェリストを待つ。

とすぐに、反応した友達。出てきたらしい。わたしはというと、どこ?どこ?どこ?
待っている間、何て声掛けよう?と言っていた友達だったが、彼を見つけるやいなや、
「私服がダサいかも・・・」と言うので、見つけることができた彼は、お世辞にも格好良くなかった。
クリーム色のシャツの裾が入っているのは、ダボッとした色の薄めのジーパン。おまけに、
持っているバッグが空色で、何と言ったらいいのだろう。わたしがすぐに気付けなかった程の別人。

この日は舞台上に彼が出てきた時から、なんか髪型が変?とか、太った?とか言っていたわたしたち。
あんなにはしゃいでいた友達に、わたしが投げかけたのは、ギャップがある男性好きでしょ?という問い。
Yesという返答はすぐに返って来たものの、続けて、「カッコイイ時に話しかけることにします。」
こうして、さっきの可愛い子+お父さん(団員)にバイバイをして、家路についた夜だった。

乾杯
     ☆          ☆          ☆

ORQUESTA SINFÓNICA DE CHILE
Concierto 69 Aniversario  Teatro Universidad de Chile
   director : Michal Nesterowicz (Polonia)
  L.v. Beethoven / Sinfonía N゚ 1
  A. Dvorák / Sinfonía N゚ 7




                   HAPPY NEW YEAR !
[ 2010/01/09 21:18 ] 感想 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

その点、ナオキさんはいつも、いつでもカッコイイ!!
[ 2010/01/12 16:15 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

ふはは。

って思わず声出して笑ってしまったよ。
[ 2010/01/16 03:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/277-cc405802







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。