スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 寿男ちゃん 

・・・なんて、気易く呼んでみましたが。

日曜日の午後、どこから出てきたか覚えていないけれど、楽団でお世話になった
指揮者の大井先生と澤先生は、今どこで元気にしているんだろう?とマードレに話していた。
帰国後、彼らが振る演奏会に行くのも楽しみの一つだったりしている。
「澤さんはやっぱりコソヴォかなー?」
「コソヴォってどこ?」
「コソヴォはコソヴォだよー。え、本気で訊いてる?」
「うん。」
「えー・・・、旧ユーゴの辺?」
そんなことを言って午後を過ごし、まだ外も明るい夕食中から、我が家ではNHKがついていた。
そうしたら、なんと!テレビから!!今コソヴォで活躍している指揮者がいる・・・
とか言っているではないか。なんてタイムリーなんだ!まるで放送を知っていたかのよう。
今日の今日だよ!こうゆうこと、実は結構あるわたしだけれど、それでもびっくらましたよ。

東京で行われた、セルビア人とアルバニア人の合同演奏会の、練習から本番が放送されていた。
コソヴォに単身赴任。奥さんとお子さんは日本で暮らす。当たり前だけど、当たり前じゃないな。
寿男ちゃんのベッドルームまで見ちゃったよ。なにより痩せてた。苦労してるんだな。
パードレも興味を持って見ていた。「殺されないようにしないとな。」
この地で見られて、嬉しかった。よかった。すごいことをしているなーと改めて思った。

“スタジオにいらしていただいております。”とNHKアナウンサー。日本は祝日の朝7時30分過ぎ。
え。今日本なのね。何時入りしたんだろう。と、ほっそりしたお顔を見て思ってしまった。
20分程(だったかな?)の特集だったけれど、とても濃くて中身のあるものに感じました。
音楽による世界平和って、ただのキレイゴトなんかじゃない。いま現実に起こっていること。
名誉指揮者が振るアマチュア吹奏楽団の演奏会も、いつか実現しないかな。
[ 2009/11/29 11:06 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/233-dd1d6f85







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。