スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ナショナル・ギャラリー 

ワシントンDCといえば、ナショナル・ギャラリー! わたしの中では。

National Gallery of Art

ここは、東館と西館の間にあるプラザとよばれる所。これはそこにある、モニュメント。
みんな一生懸命撮影しているので、何かと近付いてみたら、ガラスに空が映っているのね。
わたしも一緒に写してみたよ。まずは、13~19世紀の西洋美術が展示してある西館から。

National Gallery of Art -West Building

正面玄関ではないけれど、こんな大理石の建物。白くて、でかい。大き過ぎて、全体像は撮れず。
中に入ってみても、やっぱり広い。教科書に載っている作品がわんさか。どんな美術本にも、
“所蔵:ナショナル・ギャラリー” と書いてあるのを見てきただけに、テンションも上がる。

展示は、ギャラリーごとに時代別、国別。一応、部屋に振られた番号どおり、まわってみる。
ジョット、フラ・アンジェリコ、ベッリーニ、ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、ラファエロ、デューラー・・・
有名な宗教絵画がこれでもか、と。本物を見た感激が強かったのは、これかなー。

El Greco ; Madonna and Child with Saint Martina and Saint Agnes, 1597/1599












  エル・グレコ
  「聖母子と聖マルチナ、聖アグネス」

ジョットも感動したし、ラファエロも美しかったし、ダ・ヴィンチもやっぱりすごかった。
エル・グレコは、惹かれる何かがあるのだよねぇ。美だけを追求している感じではないところが。

わたしが本当の本当の本当に苦手な、あの画家のあの作品も、どーんと展示してあった。
名前は出さないけれど、本で見ても泣きそうになって閉じるくらい、本当に苦手。なんだろう。
自分でもわからない。もったいないことに、実物も直視できず終い。前世で何かあったとか?

時代は進んで、マネ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、セザンヌ、ドガ、ロートレック・・・
と、名画が続く。もう、ほんとにすごい。しばらくヨーロッパ行ってないからか、余計に感動した。
おそらくどこかに貸与中だったんだろう。フランス絵画の展示が少なかった気が。でも、
今まで縁がないと思っていたフェルメールに会えた。彼の作品だろうと言われている作品も含めて、
4作品も。フェルメールは派手さはないけれど、なんか好き。あの光の表現は他にないよね。

絵画はもちろんのこと、彫刻やデッサンもものすごい展示数。企画展も2つまわって、
足も目もくたびれ感否めず、休憩にミュージアムショップを見て回る。なにしろ時間がないので、
西館だけで満足する心積もりだったのに、ここへきて東館に行きたくなってしまった。
せっかくだからと、待ち合わせ時間を30分伸ばしてもらって、東館へ。こちらは、近代現代美術。

National Gallery of Art -East Building

建物も現代的。西館と比べて大きさもそれほどではないことから、時間短縮で回れる期待大・・・?

East Building East Building

と思いきや、意外と大きい。
し、少し複雑な造りになっている。エントランスホールから、ところどころに見える展示品。
それも含め、建物全体でアートのようだった。アメリカの雰囲気に非常に似合っている気がした。

マチス、モディリアーニ、ピカソ、ブラック、カディンスキー、モンドリアン・・・
近現代は正直知らないが、そんなわたしでも見たことのある作品がたくさん。たのしい。

East Building

ある展示室を上から。誰かに入ってほしいかも。とちょっと思ったことは確かだけれど、
まさかこんなオジサンになるとは。東洋人じゃなかっただけよしとするかな。

ティーンズ(久しぶりに使ったな、この言葉。)の集団、おそらく社会見学あるいは
芸術鑑賞会が勢いよく始まりそうだったので、ここらで退散。

East Building

東館から西館への地下の連絡通路。これも、誰かのナントカっていう作品。コラコラ。

こんなに素晴らしい美術館が無料だなんて、さすがスミソニアン!・・・て、よく知らないけれど。
彫刻庭園というのもあり、次回は是非ゆっくり1日かけて鑑賞したいわ。
[ 2009/11/04 09:42 ] 感想 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

えっ!?

無料なんだっ!?
いーねー。太っ腹だね、アメリカ。
[ 2009/11/07 22:59 ] [ 編集 ]

★えるまなちゃん

だよー。だよー。
さすがアメリカは懐が深いっす。
[ 2009/11/08 09:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/215-05c9c4d3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。