スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 リズム&ブルース 

悲しいかな、「サンキュー」や「イエス」さえ出てこないわたし。「グラ・・・」と言いかけること、多々。
返事は絶対、「シィー」!!「イエス」に限っては、見事に最後まで出てこなかった。
泊まったホテルはメキシコ風ホテル。ひょんなことから、ポーターにスペイン語が少しわかることを
知られてしまうと、とても嬉しそうに話してくれ、“私達は家族のようなものだねー。”と言ってくれた。
話したお姉さんも、おじさんも、コスタリカ人だそう。ラララララアメリカなのかな。
もしわたしがスペイン語ペラペラだったら、開き直って、NYでもFLでもスペイン語で通したんだけど。
みんなスペイン語もすごく達者なんだよね。でも黒人さんはあまり分かってくれなかったな。
オバマ効果もあってか、 アメリカ合衆国はますます黒人社会になってる感、否めず。
チリには黒人さんほとんど居ないから、 仲良くコミュニケーション取りたかったんだけどなー。
どうやら向こうは、あまり仲良くなりたくなかったみたい。中には、超フレンドリーさんも居るけどね。

レストランで働く友達に教えてもらって、食後はエプコットで行われるコンサートに行くことにしました。
会場に行くと、ちょうど長蛇の列がぞろぞろと座席求めて入り、着々と席が埋まってきているところ。
既に会場外のステージが見える位置では、場所取りが始まっている。我々もこの人達に倣うべきか。
と思って場所取りしようとしていたら、そこがちょうど第2入口になった。ラッキー、ラッキー☆彡
並ばずに入れたということ。それもなかなか中央寄り、半ばくらいの席をゲット。
90年代大人気。グラミー賞も受賞している、R&B 黒人3人(以前4人)グループといえば、誰でしょう?

Boyz II Men

そう、ご存知 Boyz II Men です!!
思いがけず超有名人のライヴに出くわして、得した気分。言うまでもなく、相当上手かった。
ゴスペルとかもそうだけど、黒人音楽は、ほんと惚れ惚れします。
1日2~3回公演らしいので、2、3曲で終わるだろうと思っていたら、たぶん10曲近く歌ってくれた。
キャー、途中薔薇なんか配られちゃって、ファン大興奮。薔薇もらえなくても、十分興奮できたよ。
正直、彼らの歌はあまり知らないんだけれど、それでも3、4曲は口ずさめた。CD欲しくなっちゃった。
お得意のバラードはもちろんのこと、アップビートも披露してくれました。また動画録っちゃった。

It's The Same Old Song / I'll Be There


カッコイイー。生で聴くと全身が反応する感じ。黄色人種とはそもそも“つくり”が違うけれど、
何というか、もともと持っているソウルとか、体中に流れているビート自体が全く別物よね。
この日のナンバーでもあった、"War" とか鼻歌ってみたいけど、なんか違うものになっちゃうもんね。
誕生日ケーキに続いた思わぬプレゼントに、素敵な夜になりました。

この日だと思われる(前日かも?)YouTube映像を発見。 Boyz II Men 現る!



お姫様も王子そっちのけで、Boyz II Men と笑顔で記念撮影に夢中。
端っこでぽつねんとした王子が、おかしすぎる。カエルだからそんなことになっちゃうんだよ~。

The Princess and the Frog  ディズニー新作映画
  『プリンセスと魔法のキス』
  の王子様とお姫様らしい。
  王子様、実物あら結構可愛いじゃない。
  と思ったのに、写真に撮ったら、
  あら、ヤックン(@はなまるマーケット)。
  ヤックン仲間外れだよー、可哀想に。
  ここでも、黒人同士の固い結束を
  見た感がしてしまったのでした。

  これ、パレードの時撮ったもので、
  お友達から上手く撮れてると
  お褒めの言葉もらった写真なの。
  しかし、なんでカエルなんだー。
  わたしでも観られるかな?
  あ、そうだ。今回ファンタズミックみたら、
  ポカホンタスが観たくなった。
[ 2009/11/02 11:03 ] 感想 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/210-3ceadce5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。