スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 オークション・コレクション 

マイケル・ジャクソン展と、敷地内カフェテリアでのランチ目的で、モード美術館へ行く。

MUSEO DE LA MODA

この美術館は邸宅を改造して造られていて、例えるならば東京都庭園美術館のような雰囲気。
素敵なお庭を眺めながら、ランチしたりお茶したりできて、雰囲気も良かった。
今回は特別展をしているので、入れる所も決まっていて常設展はなかったよう。マイケルのみ。
ランチしている間も、カフェテリア内の画面のマイケルPVを見ながら食事。マイケル漬け。

6

展示場に入る手前に、『館内撮影禁止』 というイラスト付き注意書きがあった。
・・・はず。ところがどっこい、入ってみれば皆フラッシュが眩しいまでの大撮影会、真っ只中。
そこでファンではないわたしも負けじと、撮りまくってみた。ここで公開~

3  なんだか、マイケルらしいなー。

  と思った衣裳。写真を撮る
  お客さんたちにも、一番人気だったような。
  わたしたちも、同じく?思わず?いや、
  迷わず?ポージングして撮ってみたわ。

4  ご存知、スリラーの時の衣裳。
  キバ(?)も一緒に展示されていた。

  パチリと撮っていたら、お客さんから
  「ここから撮ると上手く撮れないから、
  あっち側から撮らないとダメだよ。」
  とアドバイスもらっちゃった。
  でも、フラッシュたかずに撮ったら、
  まあまあ分かるでしょ。

1

オフショットかしら?プライベートのギター?ここでも順番待ちするように、写真を撮る人で群がってた。

2  きゃ、キャピトル東急ホテル?

  マイケル展で、しかもこんな所で
  日本のものに出合えるなんて。
  アップにしたら分かるけれど、ちゃんと
  "NAGATA-CHO 2 CHOME"
  と書いてある。
  今はなき、キャピトル東急・・・

  元は東京にあった、ただの紙っきれも、
  オークションにかけられてしまうのね。
  いくらになるんでしょ。

5  右の方に飾られている
  チャップリンのイラストは、
  マイケルが9歳の時に書いたもの。
  上手いな。こんな才能もあったとは
  知らなかった。他にも、
  ミッキーのイラスト、サインや
  スケッチもたくさん飾られていた。

  どうやら、このチャップリン、
  推定約5万ドルらしい。
  ひえぇ~。そんな値段のものばかり
  展示されていたみたい。
  うーん、、こんなに写真撮って
  いいものなんだろうか。

7

今回の目玉商品!だと思われる。1983年のモータウン25周年のライヴで使った手袋らしい。
あのムーンウォーク初披露の時。この展覧会のポスターにも使われている、キラキラ手袋。
推定落札価格、50万ドルらしいよ。ひょえぇぇ~

これらは、ジュリアンズ・オークションにかけられる、品々。
実はマイケル・ジャクソン展とは知っていたけれど、何の展示か知ったのは訪問してから。
さらに、この展示会を知ったのは、実は、日本に居るエルマナから仕入れた情報。
遠く地球の裏側から教えてもらって行こうということに。来月、東京にも行くんだって。
オークションは、11月21日NYタイムズスクエアのハードロックカフェで行われる予定らしい。
特別ファンでなくても、空間と人々の反応など、非常に楽しく過ごせた。ファンなら、必見!かな。
[ 2009/10/19 10:14 ] 感想 | TRACKBACK:0 | COMMENT:4

おかげで「スリラー」が頭から離れません。
[ 2009/10/20 09:12 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

やったね!
わたしはこの時、Billie Jeanだったわ。
[ 2009/10/20 09:30 ] [ 編集 ]

車でCD聞くとノリノリだよ。
ao~!!

旦那のムーンウォーク爆笑だったの。なんじゃそりゃ。。。って感じの。もう一度やってって頼んだのにしてくれなかった。あんなにおもろいのに。
[ 2009/10/20 11:48 ] [ 編集 ]

★李ちゃん

あ、この間のドライブだね?
ご主人のムーンウォーク、わたしもみたーい。
[ 2009/10/21 08:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/200-82e7539b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。