スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 愚痴 

ぐちぐち・・・・・・ぐちぐち・・・・・・・・・

今日の用事は午前中でおわり。ガス点検の日だったので、家に一人どこにも行けず、
自分のランチは疎かに、明日の為、洋梨のコンポートとワインゼリー、バナナマフィンと
りんごシナモンケーキを作って過ごす。全部簡単なの。だから、「作って過ごした」は
間違い。作るのは、オーブンと冷蔵庫だしね。簡単なのしか作りませ~ん。


グチグチグチグチグチ・・・・・・・・・・・・・・・


外国の日本人社会の狭いことたるや!

何が嫌って、これが一番厭。日本人とのお付き合い。面倒臭いったらありゃしない。
親の転勤に付いてきたばっかりに、駐在で来ているご家族と接することが多くなる。
もちろん、わたしなんかと仲良くしてくれてありがたいし、誘われて嬉しいのだけれど、
時に、鳥肌が立つほど嫌なことがある。なんなんだ、この感じ。虚構の世界なのか?
ものすごくうわっぺらしか感じられない。営業あがりの出来ない総務男(←最悪です。わたしまで
被害被りました。)やら、バカ社員の話やら、パードレの会社の愚痴が、さらに拍車をかけてくれる。


めんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさいめんどくさい

なら、チリ人とだけ仲良くしておけばいいじゃないかって?
たしかにそうなのだけれど、はじめからそうすればできたかもしれないけれど、
今となっては難しいお話。ここでしか出会えなかった良いお友達もできてしまったから。

一人で留学しに来たならば、話は違ったはず。
でも親に付いてくると、日本語だけ話していれば生活できるし、
家に籠っていてもホームシックになんてかからないし、やっぱり東京より娯楽が少ないし、
わたしの大好きなショッピングをする気にもならないし(お金が減らなくていいけれど)、
なんとなく忙しく動いてはみても、なんだか退屈。
やっぱり働いてないのがだめなのね。

ここを今読んでいるということは、おそらく反転までして読んでくれているのでしょうから、
そんな流石な貴方にはお話してしまいます。2月半ばでわたしのビザが切れてしまうので、
父の赴任が続いても、一人だけで帰国しようかな。と考えているところで。
還暦過ぎた両親二人で地球の裏側まで行って生活するのは、少し心配もあったけれど、
この国、この地域なら、大丈夫だと確認できたし。まわりに親切な方も多いし。
短い短い海外生活にはなってしまうけれど、そろそろ婚活に本腰入れるべきだろう。とか。
こちらで婚活も考えなくなかったけれど、期待できないんだな。
チリ人は見境ないみたいだし。チリに来ているような日本人は・・・・・・ねぇ。

という訳で、いま考え中です。もう帰国してしまおうかと・・・。
最近、物騒になってきているのも否めません。スリ、強盗、中には日本人狙ってピストルで
脅す強盗のケースも出てきているので、家族で引き上げるのもありなのかも。
でも、あと4ヶ月は短すぎる。けれど、チリ好きのまま、この国にお別れするのもいいかな。
うーん、悩むところですわ。

なにより、今クラシック音楽に飢えている。わたしには、これ結構な打撃みたい。
来年3月21日のトッパンホール、行きたいなー。フランス音楽ばっかやん。
でも、児玉さんがピアノかぁ。うーん。
しかし、結婚したからか、プログラムまで落ち着き過ぎやないだろか。
ま、お兄ちゃんのフランス音楽ほどの好物は、他にないけれども。

と、思いつくままに今の気持ちを書き殴ってしまいましたが、
この広いおうちとさよならするのは非常に悲しいです。今の生活はとても楽しいし。
ただ、自分の将来を考えると、このままこんな所に居ていいのか。
と、どうしても考えてしまう。でも、帰ったからって、将来が決まる訳ではないのよね。
ああ、やっぱりそろそろ結婚したひぃ~。誰かいないかな。

[ 2009/10/08 11:40 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/182-56d80fe7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。