スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 書展 

サンタルシアの駅近く、国立図書館の前を通ると、『光』 と大きく書いてあった。
なんだろう?特に先を急いでもなかったので、ふらっと立ち寄ってみた。

どうやら、書道展らしい。
手島泰六という人が書いた作品が20点ほど展示してあった。
書道は分からないので何も言えないが、わたしの “好きな字” ではなかった。
帰ってインターネットで調べてみると・・・・・・ ああ、そうゆう方。
サンパウロ州立テクノロジー大学名誉教授称号授与、サンパウロ市名誉市民称号授与、
リマ市名誉市民称号授与もしている。ちなみに、あのサッカー界の野人こと、
岡野選手の伯父さんか叔父さんにあたるらしい。ほぉー。
大きな光の文字の横には、光記念館とも書いてあった。ああ、そうゆう所。
すうきょうまひかり。この度はじめて知った。世界各国に布教しているとある。
こちらの住民もたくさん展示を見に来ていた。関係者なのか、単に書道に興味のある人か。
海外に居るというだけで、日本にずっと居たら全く触れることもなかっただろうところを
知ることができたりするから、面白い。
このHPを見るに、今度はメキシコみたいね。南米じゃないと思うけど・・・ま、いっか。
帰り、通りすがりのおじさんに、「こんにちは。」「日本人ですか?」と日本語で訊かれた。
結構・・・いや、かなりかな?流暢。関係者だったのかなーと今は思う。

何度か前を通ったことのある、この建物。中に入ったのは、今回初めてだった。
図書館だけじゃなくサロンや展示室などもあって、コンサートや展覧会をしているらしい。
国立図書館の中には、本屋さんもあった。日本の国立国会図書館もそうなのかな?
実はまだ一度も入ったことないのよね。帰ったら、一度は行ってみなくては。
お庭もあって、そこにはこんなものが置いてある。

Biblioteca Nacional

車両の中はカフェテリアになっていて、貸出本も棚にずらっと置いてある。
漫画喫茶ではないけれど、図書喫茶になっているようだ。こうゆうの、ちょっと楽しいね。
[ 2009/09/30 10:20 ] 感想 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/179-510832a3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。