スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 たっぷりイグアス その1 

雨のホームでベネズエラ戦に引き分けてしまいました。むむむ。 では、つづき。

国内線に乗って、イグアス空港へ。
ブエノスアイレスから一転、ジャングルに来てしまったようです。

ônibus

道路向こうに、木と電燈(電柱?)の間にある小さな屋根が見えますか?
これが乗り換えバス停。乗車時目的地を伝えると、このバス停で降ろされました。
バスの乗車員に教えてもらえなかったら、完全に乗り過ごしていただろうなー。
反対側へ渡って、ただいま乗り換えバス待ち。あ、来た来た。今度はあのバスに乗ります。

Brasil  やってきました。初ブラジル!

  今回の旅行、最初の主要目的地、
  イグアの滝。
      ※スにアクセントをお願いします。

  アルゼンチンから、バスで国境越え。
  急に「オブリガーダ」を使うには、
  まだまだ修行が足りません。
  口に違和感。まったく馴染んでくれない。
  みんな、スペイン語達者だし。

ちなみにブラジルの運転は、恐くなかった。たぶん道が広くて、車がほとんど走ってないから。
でも、手離し運転。そんな光景を見ても、最近はもう慣れているから、大丈夫~。

 Parque Nacional do Iguaçu

国立公園の中の移動は、2階建てバスにて。2階は半オープンになっているので、
冷たい風を切って、若干寒い。でも、高い所好きだし、最初から最後まで2階ばかり乗った。
あいにくの曇り空。わたしたちがイグアスを訪れる前に雨が降ったというから、水量には期待。

Cataratas do Iguaçu-1  最初に出合った滝。

  ものすごい勢いで落ちる水。
  滔々と落ちる姿を見ると、
  あまりの迫力に絶句する。
  これは本当に水か?と、
  わたしの知っている水なのか?
  と思うくらいに。
  自然に、重力に身を委ねずに
  むしろ逆らって生きている
  生物を見ているかのよう。

  ごぉーっと音を立てて落ちる様は、
  写真に撮ると、当然のことながら
  止まってしまうのね。

  伝わる?

  伝わらないね。
  やはり写真では不十分。
  迫力に欠けてしまう。

「百聞は一見に如かず」  とはまさにこのことだ。
グランドキャニオンの時も同じことを思ったけれど、イグアスの滝は自分の目で見ないと分からない。

Cataratas do Iguaçu-2

湯気!?いえいえ、飽和状態で、霧が発生しているような状態。前に霞みがかかる。
快晴ならば、もっとはっきり見えるのかもしれないけれど、この水しぶきではどうだろう。
近くで見てみよう!と頑張って近付けば近付くほど、悲しいかな、よく見えない。

Cataratas do Iguaçu-3

写真に見える、あの遊歩道を歩くと、“悪魔の喉笛” と呼ばれる大滝が下から望める。
カッパを羽織って、いざ出陣。

Garganta do Diabo

これが、“悪魔の喉笛”。アルゼンチン側からブラジル側へ物凄い飛沫を上げて落ち続けている。
当然のことながら、全身ずぶ濡れ。カッパを被っても、服や髪が乾くまでに2時間はかかったかな。
一緒に滝しぶきを体験したマードレの白地に花柄の布バッグは、なんだか薄茶色に染まったよう。

途中、コアティ(ハナグマ?)に遭遇。可愛いのでカメラにおさめようとするも、タイミングが合わず。

Coati

と思ったら、大群で歩いてきた。こんなにいっぱいで行進してたら、あんまり可愛くない。
と言いつつ、撮ってみた。無責任な観光客に餌付けされていて、人馴れしてしまっている。
コアティ大移動。突進してくるようだった。結構な迫力。そのうち、日光の猿化してしまうかもよ。

Cataratas do Iguaçu-4

ブラジル側では水しぶきを存分に浴びて、全体像を把握。ブラジルは緑も野性的に感じた。
ここで一句。   ・・・・・  青々と しげる緑に 滝しぶき
小学生の時、華厳の滝を見て作った俳句。一応、全国大会で表彰された作品。おそまつ!

明日は、アルゼンチン側!                              間違いなく、つづく。
[ 2009/09/06 12:45 ] 飛行機の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chachara.blog18.fc2.com/tb.php/158-57bc499c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。