スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 さよならアンデス 

“前日が荷出日” というハードスケジュールになってしまったせいもあって、
2日連続 Casi toda la noche でなんとか荷造りを終え、ほぼすべてが整った出発当日の昼、
いちばん近くのショッピングモールに、約1時間最後のお出掛けに行きました。

Cordillera  その後は寝不足が祟ったか、
  友達から電話かかってきても
  聞き取れないし、喋れないし、
  空港までの車の中では、水こぼして
  座席びしゃんこにしてしまうし、
  ぐっだぐだ。
  飛行機に乗り込んでからは、
  それまでが嘘のように平穏で
  幸せな時間が過ぎて行きました。
  目指すはシャルルドゴール。
  なぜって、いつもの通りの
  ギリギリ辞令でタヒチ経由はいっぱい。
  オーストラリア経由もたしか、とれず。
  アメリカ経由はわたしがきっと無理
  ドイツ経由は今年は特に寒いので、
  雪で遅延、最悪動かなくなるかもしれない。
  というわけで、パリ経由になったのです。

見続けたアンデスともお別れ。雲ひとつない快晴とまではいかなかったけれど、雪がある所もあって、
最後の山脈も美しかった。名残惜しさは感じなかったけれど、もう見られないんだなあ。

南米料理も最後。と思って、機内食もパステル・デ・チョクロを選んでみた。

¿¿ Pastel de Choclo ??  ら、こんなのがきた。

  これってパステル・デ・チョクロ
  じゃなくて、ウミータじゃ???
  ウミータだったら頼まなかったのに。
  ま、いいか。
  チリ料理も易々食べられなくなるし。

久々のエールフランス。エールフランスは揺れてもやっぱり平気なの。
結構揺れたけど、大丈夫。なんか、ふわっふわっふわっふわっしてるのよね。
わたしが海外旅行で初めて機内でお腹痛くならなかった記念すべき、ありがたき航空会社。
揺れ方まで、おフランス。
FACCHON相手してくれたCAは男性で、とても親切、優しかった。
きっと、たぶん、フランス人。
彼のスペイン語を聞くと、ちゃんとしたスペイン語を思い出す。
jugo は zumo(ジュース)。frutilla は fresa(いちご)。
そうだった、そうだったわ。すっかり南米化していたわ。
南米か!じゃなくて、チリか!
しかも今回は優雅に、紅茶でもお菓子でも
出てくるもの出てくるもの、フォション。至福な時でした。

おフランスな感じで着陸したパリには雪が見え、気温はマイナス1℃。きえぇーーーーーーーーさむすぎる。
30℃以上の世界から、一気に氷点下の世界へ来てしまったような錯覚。随分と北上したのね。

シャルルドゴール空港の荷物検査(人物も)は、激こみ。
靴まで脱ぐので、時間が掛かる。そして、日本人女性で溢れかえっていた。
正直これには参った。自分は棚の上にあげて、強烈。醜い。免税品店もめちゃこみ。ながーい行列。
楽器を持って特に用もないのにお店に入ってしまったわたしは、関西弁の若い女性に突き飛ばされた。
なんの言葉もなかった。今の日本人て、こんな感じなのかとすごく悲しい気分になった。
時間がなかったけれど、シャルルドゴールでもラウンジに入った。ここのラウンジ落ち着かん。

機内に入ると、成田行きなので、日本語が飛び交う。
外国人に日本語で話しかけられても、上手く日本語で返せなくなっているわたし。なぜ!

一番前の端の席が離陸時間間近になってもずっと空席だったので、ひょっとしてひょっとすると
有名人でも乗ってくる?と思っていたら、乗ってきたのは、コテコテの若い日本人女性2人。
見ていたら、その2人に近寄る女性。どうやら、添乗員さんらしい。
とその瞬間、見覚えのある人だったから、どびっくり。昔、東欧でお世話になった添乗員さんだった。
今は引き抜かれて、大手旅行会社にいるらしい。向こうはさすがに憶えてなかった。あたりまえか。
偶然の再会で嬉しくて、成田で一緒に写真撮ってもらっちゃった。わたしの中では、すごい出来事だった。

パリ―東京間でもお世話になったのは、男性CA。またまたずっと親切だった。
せっかく日本語で話しかけてくれているのに、返す言葉は、「い、イエス」。そんな感じ。
これを見兼ねたこのCAさん。わたしがスペイン語を読んでいたのを見たらしく、
「スペイン語話しますか?」と、スペイン語で聞いてきた。それからずーっとスペイン語。
スペイン語が聞こえたら、わたしに話しかけているってことなので、非常にわかりやすくてよかった。
後ろから話しかけられても反応できるくらい。隣りのおじさんには妙に見られた気がするけども。
「どこで習いましたか?」と質問後は、南米スペイン語使ってくれた。さすがだ、たぶんフランス人。
着陸前にもわざわざ(スペイン語で)挨拶に来てくれて、楽しい楽しい空の旅でした。
ちなみに映画は、『パブリック・エネミーズ』と『さまよう刃』だけ。朝からキツカッタ。
極めつけは、成田までクニャド、エルマナ、ソブリンが迎えに来てくれた。会えてうれしかった。

さて。四方山話も、これで最後。今日で無期限の休止期間に入ります。どこかのバンドのようだな。
帰国してからのことは、前の日記に戻って書いていますので、もしよかったら覗いてみてください。
この日記は、再び国外に出ることがあったら復活させるつもりです。まず、ないな。
この記録も内容はなかったけれど、なかなか出来ない体験を記せたかな。なんて、自負することにします。
今までありがとうございました。貴重な貴重な約1年間。わたしの人生の宝物になることでしょう。
スポンサーサイト
[ 2010/05/11 11:55 ] 飛行機の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 最後の旅行 

もう忘れてしまったけれど、最後の旅行先はブエノス・アイレスでした。

今回は、前回叶わなかった“買い物をしよう”と、女ふたりは意気揚々。
行けたら船でウルグアイにも渡ろうと言っていたけれど、満席の上、時間も合わず、断念。
残念ではあるけれど、よく雨も降ったし、買い物しろってことだったのよ~。と、
女ふたりはご満悦。ほんとに買い物三昧だった。こんな旅行は、人生初。
帰国直前で皆疲労気味だったし、帰ったら荷造りしなくてはいけないし、
本当にブエノス・アイレス堪能の 買い物旅行 でよかったんだと思います。

着いた日の夜はどしゃぶりになってしまった中、マードレお友達に勧められたタンゴショーへ。

Tango Porteño

ホテルの人に聞いても良いショーだと言うし、お値段少々高めだったけれど、
前回のショーとは違って、こういうのなんていうんだろう?高尚?なかんじ。
アットホームさに欠けていて、舞台と客席が完全に分かれているかんじ。
本格的ショーといったらいいのかしら?お高くとまった感じで、よかったです。
声掛けられて、ダンサー(ニセモノ?)と組んで、超笑える写真も撮りました。
もし興味を持たれた方がいたら、こっそり・・・やっぱり見せられないわー。

Buenos Aires-1

これが船乗り場近くで撮った写真。なんだか久しぶりに見たわ、地上を走る電車。
ね。雨、雨。冷たい雨ではなくて、結構暑かった。しっとり。降ったり、やんだり。
でも、前情報は“湿度が高くて、死ぬほど暑い”だったので、過ごしやすかったです。

Buenos Aires-2

雨がやんだら、あっという間に晴れて青空。IBMビルも真っ白に輝いております。
ここらはオフィス街のよう。休日なので閑散と・・・怪しい人も居ました。

Buenos Aires-3

これは我々が泊まったホテルのある通り。夕方。なかなか緑が素敵でした。
大人3人なので、今回も名ばかりのスウィート。ホテルの従業員はイケメンが多く、
お買い物ストリートへすぐ行けちゃう好立地で、値段のわりには良かったかな。

Buenos Aires-4

マクドナルドには、よく訪れる観光客の国旗が示されているのかしら?
左から、日本、イタリア、イングランド、ブラジル、スペイン、南アフリカ。へえ。
あ。なんだかサッカーなかんじ。南アフリカ開催国だし。じゃあ、日本はなぜ?

Buenos Aires-5

アルゼンチン男性は、よく女性を褒めてくれます。
革製品屋さんというの?バッグや靴を売っているお店のお兄さんも、
日本のファッションていいよね~。貴女のその靴も今日の装いにぴったりだよね~。
みたいなことを言っていました。でも、わたしに限ってはチリ人の方が褒めてくれるけど。
直球で。アルゼンチン人は男性も女性もなんだか少し気取っている印象。お洒落なだけに。

そんなお洒落な都市での戦利品は、革の半コート、バッグ、ブーツ、天然石のネックレス、
それから、おまけでタンゴのCD。気付けば、上から下までわりと揃ってしまいましたとさ。

買い物ルンルンツアーも、何事もなく楽しく終わるかと思いきや、最後の最後でひと騒ぎ。
思い出したのは、前回のブエノス・アイレス。
エセイサ国際空港と我が家は、相性悪いのでは!?という疑惑が再浮上。
なんと、乗るはずだった飛行機がチリで故障して、アルゼンチンまで飛んでこないんだと。
えぇえぇえぇーーー。トロント行きの便だったので、カナダまで乗って行く人に限っては
宿泊しないといけないらしい。このアナウンスで、お客さん大混乱!!大騒ぎ!!!
していたのは、どうやら外国人ばかりだったみたい。
南米人は大人しく座っていて、係員に殺到して詰め掛けている客たちに向かっては、
「作業が進まないのは、おまえらが原因だ!静かに待て!」だって。慣れっこだもんね。

Buenos Aires-6

記念に撮影。こうしてみると、遅れたり、飛ばなかったり、不祥事便ばっかりじゃん。
わたしたちは2時間半後(くらいだったかな?)に無事振り分けしてもらって帰れました。
[ 2010/05/10 22:48 ] 飛行機の旅 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。