スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 THE THREE TENORS 

最近なにかとパヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラスの話題を目に、耳にすることが多くて、
聴きたいなー。でも、CDもDVDも家にはない。で、お手軽にすぐ聴けたのが、Youtube。
検索かけたら出てくる、出てくる。そして、見事にはまってしまいました。最近の趣味です。

わたくし、歌というのはあまり得意な方ではないので、オペラ関係もほとんど知識がございません。
そんなわたしでも聴き惚れてしまうのが、このお三方。
1990年代、わたしがものすごくお金持ちだったら、聴きに行っていたかもしれないけれど、
その頃のわたしには、何万円も出してコンサートに行くという概念がなかったため、
生で聴いたことはありません。今になって、生で聴いたら・・・と想像すると、鳥肌モンですが。

パヴァロッティの高音は、本当に素晴らしい。どこまでも響く声。先日のTV放映も聴き惚れました。
イタリア・オペラはやっぱりイタリア人が歌うのが一番なのかもしれません。
ドミンゴは声が好み。本当にいい声。テノールながら、低音の響きも好きです。
カレーラスは一番顔が好み。笑
なぜかわたしは、高校時代からプラシド・ドミンゴ贔屓です。

という訳で、いっぱいある Youtube の映像の中から、わたしの個人的好みでセレクト。
見たいものをいつでも見られるように、ここにアップしておくことにしましたー。
いつも読者のことを考えない日記で、すみませんー。
ちなみに映像は、やっぱり1990年から始まったW杯前夜祭コンサートのものが多いようです。
(1990年ローマ、1994年ドジャー・スタジアム、1998年パリ、2002年横浜アリーナだね。)

まずは、気持ち良く聴ける、明るい曲。と一番に思いついたのが、有名な Libiamo ne' lieti calici。
アンコールの映像かな。すごく楽しい雰囲気です。
あ、もしかしたら彼らを知らずに読んでくれている人が居るかもしれないので、一応説明しておくと・・・
向かって右から、ルチアーノ・パヴァロッティ(伊)、ホセ・カレーラス(西)、プラシド・ドミンゴ(西)で、
この乾杯の歌は、パヴァロッティ → カレーラス → ドミンゴの順で歌います。

ヴェルディ 『椿姫』より「乾杯の歌」 1994年


いやー、軽いですね。軽く歌っているようにみえて、この声量。すばらしく、楽しい。
パヴァロッティが最年長。途中カレーラスが、ほぼ10歳上のパヴァロッティの肩に
手をかけて歌い、その後頭を下げる姿も、楽しい。

お次は、お三方の Nessun Dorma。
Nessun Dorma というと、やはりトリノで歌ったこともあって、パヴァロッティのイメージが強いですが、
わたくしといたしましては、歌い出しのドミンゴに注目です。
でもやっぱりパヴァロッティは、すごいなー。いや、やっぱりドミンゴさんの声好きなんだなー。

プッチーニ 『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」 1994年


すごい。そりゃ、みんなもスタンディング・オベーションしたくなるよねー。
トリノオリンピック閉会式で歌うパヴァロッティの映像もみつけました。 →→ こちら
最後のステージ。このあと、一年半後に亡くなってしまうなんて思えない歌唱力です。

次に、歌が分からないわたしにも、難曲だとわかる La Danza を。映像、ちょっとチカチカです。
なんでこんな大変そうな曲を三人とも軽く歌っちゃってるんだー!て感じです。

ロッシーニ 歌曲集より「踊り」 1997年


すばらしい。みんな楽しそうに、まさに踊るように、歌っているところが好き。
こうやって見ていると、生では聴いたことがないけれど、オケピの後ろに位置する舞台からでも
マイクなしの生声が、ホールの隅々まで行き渡る美声。と説明されるのが、よくわかる気がします。
ああ、だんだん選べなくなってきた。どれもこれも載せておきたい。

では次は、カラカラ浴場の映像も美しい Cielito Lindo にします。
メドレー途中だったのか、なんだか最後が切れてしまっていますが。
ほとんどドミンゴの一人舞台という位置づけになっておりますが。スペイン語だよー。

メキシコ民謡「シエリト・リンド」 1990年


冒頭ドミンゴが歌う姿を満面の笑みで見るパヴァロッティが印象的で載せてしまったのだよ。
んー、いい声。この方達を見ていると、歌という表現方法の素晴らしさを教えてもらっているようです。

そろそろキリがなくなってきたので。これまた有名な la donna e mobile を。
まさに共演、そして競演!最後のアンコール、コンサート終わりの映像のようです。
歌自体は2分20秒くらいで終わりますが、その後のエッフェル塔と花火の映像も綺麗です。

ヴェルディ 『リゴレット』より 女心の歌「風の中の羽のように」 1998年


見た!?フルートの人の曲がった小指!!
そうじゃなくて。最後の声量は、このお三方ならでは。痺れてしまいます。

まだあれも載せておきたい、これもー・・・とあるのですが、キリがないので最後にします。
最後は、'O sole mio。思えば、1994年の映像が多い。やっぱりわたしはこの頃が好きみたい。
画像はよくないけれど、音はそれほど悪くないので。これもアンコールのような雰囲気。
歌い出しから相談していて、なにやらおかしな様子。年長パヴァロッティに対抗する二人。
一緒にコンサートをしてきた、息の合った三人という感じがして楽しい。おじさんたち最高です。

イタリア民謡「オー・ソレ・ミオ」 1994年


たのしーーー!!!何度見ても、これは楽しい!後ろのオケの人達も大笑い。
三人の間も、演奏者間も、指揮者とも、共演者すべてが競演。音楽の一番好きなところかもしれない。
聴きながら、パヴァロッティが亡くなってしまって、カレーラスも引退したと思うと、涙が出てきそうです。
スポンサーサイト
[ 2009/05/31 12:34 ] 暇つぶし | TRACKBACK:0 | COMMENT:4

 広場 

Catedral de Santiago -1

  休日のアルマス広場です。

  以前もここにも登場したことがある
  セントロ(=旧市街)です。
  絵描きさんなど芸術家が、自分の作品を
  並べていたり、持ち芸を披露していたり、
  それを見る観客が居たり、おしゃべりしたり、
  みんなが集う広場です。
  手前のモノトーンの絵は、只今制作中。
  写真を抽象化して模写していましたが、素敵。
  奥は大聖堂です。

  中は思っていたよりずっと立派でした。
  16世紀の建物ということは、バロック前?
  ルネサンス建築にあたるのかな。
  教会建築は、ロマネスクとゴシックしか
                                    記憶に残ってないのだね。わはは。
Catedral de Santiago -2  失礼なことながら、簡素な出来なのかと
  思っていたら、天井画も、ステンドグラスも、
  ちゃんと大聖堂でした。
  わたしの知っている大聖堂らしく、
  そこには美しく荘厳な空間がありました。
  はじめて訪れた時から、大聖堂というのは、
  心洗われるような感覚になれる場所です。
  しかし、所詮信者でないわたしにとっては、
  まさに芸術鑑賞そのもの。
  敬虔に祈りを捧げる信者を横目に、
  撮影させていただきました。
  時々は、信者に紛れて訪問したいかも。
  そういえば撮影していると、入口で
  取り押さえられて暴れている人もいました。
  宗教間の争いは絶えないんでしょうね。

Plaza de Armas

動きまくるから、全然上手く撮れなかった。広場で行われていた大道芸(というの?)。
背中に背負っているのは、ここの切手の絵にもなっている昔ながらの楽器みたいです。
終わって、男の子にコインを持って行ったら、おじさんの方が先にわたしに気付いて、
“ムーーーチャ グラーシアッ!!”
と目を見つめまくって、受け取りやがった!キーッ。おまえじゃなぁーい。

 料理教室 / CAZUELA 

カスエラという、伝統料理を教えてもらいました。

・・というか、作ってもらいました。
実は、おうちでこちらのお料理を作って食べるの、はじめてです。おいしかったー。
これから我が家のメニューにも加わりそうです。

カスエラというのは「鍋」という意味で、煮込み料理、スープ料理。
入っている具は主に、お肉、かぼちゃ、じゃがいも、いんげん、にんじん、とうもろこし・・・など。
今回使ったお肉は、牛肉。
鶏肉のカスエラも、豚肉のカスエラもあるらしいよ。
昔は毎日お昼に作っていたというから、バリエーションがあるわけよね。
今回は牛の手首のところのお肉。こちらは牛のいろいろな部位がどこでも気軽に手に入るの。
こっちのお肉は固いけれど、こうやって食べると実においしい。んだって今日わかった。

サルサ(ソース)みたいなのも教えてもらいました。ペレヒールというパセリを使います。
辞書で引いたら、オランダパセリだって。
こちらの料理にはよく使われるみたいだけど、日本人には苦手な人も多いのかも。
あと、とても辛いのは好き?と聞かれて、うちはみんな好きだと答えたら、
緑色のとうがらしを中の種も含めて入れていました。こちらは辛いのが苦手な人が多いのに、
彼女もすごーく辛いのが好きと言っていました。珍しいと思うんだけど。
このサルサがまたおいしいんだ。サラダにかけても、カスエラに入れても。

一食食べ終わった後のお皿で、なんか盛り付けがよくないけれど・・・こんなかんじ。

CAZUELA

鶏や豚でも作ってみよう。日本に帰って、機会があったら振舞うね。
[ 2009/05/29 10:47 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:6

 結婚記念日&快気祝 

ホテルの中の日本料理店で、遅れ馳せながらのお祝いをしました。

Bento Box Tradicional

ランチメニューの弁当BOX。
味付けは濃い目だけど、まさか地球の裏側で食べているとは思えないようなお料理です。
幕の内弁当といったところだろうね。
お刺身、天ぷら、焼き鳥、巻き寿司、お味噌汁などなど・・・
彩りも良くて、満足しました。

帰り道  ウールを身につけないと、寒いです。
[ 2009/05/29 10:22 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 早起き 

だめだめじゃん。4-0て・・・
温度と湿度と時差に勝てなかったか。
なんて、全部言い訳だけど。動けてなかったねー、全然。
何といっても、あらい。日常の仕事が、国民性が、全部サッカーにも出てるように。
実況中継している人が、オンダオンダオンダオンダ言ってました。
車会社と一緒の名前だから嬉しくて連呼してたのかしら?と思うくらい。
HONDAね。たしかに大活躍だったけど。
YANOは、ジャーノ!こっちの方がカッコいいんじゃ・・・?
YAMAGUCHI SATOSHIは、ジャマグチサトチ。あはは。
日本快勝したのに、心から喜べないのは、ここで観たからかなー。
でも、若干こちら目線で見ることができて楽しかったから、いっか。
お次は、日本はカタール?あ、ウズベキスタン!?チリは現在1位のパラグアイ。
いずれも6月に入ってから。でも、もうすぐね。アジアは6月でサクッと決まるね。ほんと、もうすぐ。
南米は、10月14日まで続きます。まだ道は長いのね。
しかし、中継カメラは日本のカメラだったのかしら?
チリ選手が全く映らない。顔と名前がいまだに覚えられないではないか。
というわけで、ちゃんと6時には起きました。久しぶりだよ、陽が昇る前に起きるの。
[ 2009/05/27 21:49 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:4

 早起きは三文の得? 

COPA KIRN 2009先日も書きましたが、サッカー チリ戦です。
日本は今日の19時半から?てことは、こちらでは
明日の朝6時35分キックオフじゃあないですか。
うげー。早い。
がんばって、ここ最近にはない早起きしてみせます!
・・・なんて、ここに書かない方が賢明かしら。
TBSが放送するんだねー。ああ、ワーグナーのマイスタージンガーが聞こえてくる。
こちらではキリンカップの話題はほとんど聞きません。
おそらく、日本が6月以降カタールやオーストラリアと、いかに戦うかということに関心があるのと同様、
ワールドカップ南米予選の方に関心が集まっているのだと思います。
でも、先に日本入りしているこちらの記者がラジオで日本の情報を伝えるのに、選手や試合よりも
宿のキモノや温泉に興奮して、「すげー!すげー!」言っている。というのを聞きました。
キモノじゃなくて、浴衣だよ。区別付かないだろうけど。実際、浴衣着てたらキモノ言われたけど。
まだちょっとしか住んでないけれど、このあたりに生まれ育って、はじめて日本文化に触れたら、
相当興奮するのが容易に想像できる。気がする。東洋って、やっぱり特殊よね。超異文化。
今回も、マスク着用でスタジアム来場をお願いしているみたいだし、もし長居スタジアム総マスク姿!
なんかお目にかかれたら、日本人のわたしから見ても、かなり異様に映りそうです。
南米3位?こっちは“世界ベスト4”を狙う国だぜ。
だから、なに?ってそうじゃあないね。岡ちゃんが言った言葉なんだよね、たぶん。ベスト4って。
南米としてはW杯本大会に出られたら、狙うは世界一かもしれないけれど。
あてにならないFIFA世界ランキング、いま日本が35位。チリは、26位らしい。いい勝負かな?
でも、主要日本選手揃って体調不良なんでしょ?W杯とはだいぶ違ったメンバーなのかしら。
一方、チリは10月にアルゼンチン下したしね。(アルゼンチンが不調なだけか?)
どちらも応援したい気持ちはあるけれど、0-0だけはつまんないから、避けてもらいたいなー。
さて。今日はこれから家からちょっと遠い所にある、スーパーでマードレと待ち合わせしています。
あさっての、こちらの家庭料理レッスンの準備も兼ねて、お買い物予定。
そして、今晩は早くお風呂に入って、早く寝よう。そうしよう。
あ、そうそう。マンチェスターUとバルセロナもどっちが優勝するんだろうね。

題名はわざとだよー。「徳」ってことくらい知ってるよー。日本語もできなくなったかと思わないでー。
[ 2009/05/27 05:37 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 みつけた 

サンタルチアではなく、サンタルシアなのに、

  すーまーれ るっちっかー らすとぅろー だぁじぇんとー
  ぷらっちーだぇろんだー ぷろすぺーろぅ う゛ぇんとー
  う゛ぇーにーてー らじれー ばーるけったー みーあー
  さんたーるーちーあー  さんたーーーるちぃーあーー!

  Sul mare luccica l'astro d'argento. Placida è l'onda, prospero è il vento.
  Venite all'agile barchetta mia, Santa Lucia! Santa Lucia!
                          *あまりに酷いと思ったので、ちゃんとしたイタリア語を載せました。

と、文字を見ると、近くを通ると、いつもぐるぐるまわって、ついには必ず歌ってしまう、
サンタルシアの丘で、夕顔見つけた。

Cerro Santa Lucía-3 Cerro Santa Lucía-4

夕顔(朝顔かな?昼顔かな?)と紅葉が一度に見れてしまう。
和洋折衷じゃなくて、夏冬混合じゃなくて、夏秋混在てかんじなんでしょか。

公文式

そして、おりたあたりには KUMON があった。休日でシャッター半分閉まってたけど。
[ 2009/05/25 10:45 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 サンタルシアの丘にて 

昼寝中

無防備で熟睡しているくせして、手は突っ張っている・・・。

Cerro Santa Lucía-1 Cerro Santa Lucía-2
家族連れも多いことながら、ここはデートスポットなんだろう。
ベンチに座るのは、皆カップル。そして例外なく皆、かなりイチャイチャ。
男の子同士がベンチに座った途端、不健全なものは見たくないと無意識に目をそらしてしまった。
恐る恐る見てみたら、なにやらファイルを出して書き物をしていた。
ただのお友達だったみたい。
[ 2009/05/25 10:13 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

 建物 

3月に撮った写真ですが・・・

Edificio-1

家の近くのビルです。
こちらはどうやら日本人(わたしだけ?)から見たら少し変わった建物が流行っているらしく、
全面鏡張りなんじゃないかと思えるくらい、輝いたガラスで覆われた建物は本当に多いです。
いや、あれは絶対鏡になってる。反射がまぶしくて仕方ない。
このビルもなんかどこかおかしくないですか?

まず、1階はどうなっているの?
って思えませんか。ちゃんと支えられているのかと。どう考えても頭でっかち。
そう、頭でっかちなんです。
道路を走っている車を見ていただければ分かると思いますが、
結構高いビルなのに。わたしの背の高さから撮った写真なのに。
遠近感というものはどこへやら。

Edificio-2

ちょっと離れて撮った図。
答えは、頭でっかち。
隣りの建物と比べてもらえば分かると思いますが、上層へ行くほど大きくなっております。
ん?分かりづらいって?

Edificio-3

もうちょっと離れた図。
やっぱり分かりづらい?仕方ないわ。わたしの背が30mくらいあれば良かったんだけど。
少し恐い気がします。地震も起こる国なのに。大丈夫なのかなー。
人気あるというか、有名なというべき?建設会社が造った建物と聞いたので、信用しておきましょう。

ちなみに、写真の道路に見えるオレンジの乗り物も、緑の乗り物も、こちらのバスです。
地下鉄はあるけれど鉄道はないので、このバスたちが大活躍の街です。
え?これも見づらいって?では、最後に緑のバス(=二連バス)を載せておきます。
これがまた、バスのくせしてメルセデス・ベンツだったりするんだ。

二連バス






   でも、ベンツといっても
   ブラジル製らしいけれどね。

 話題がない。 

だから、写真でごまかす。

16052009

先日の休日に撮った写真。寒そう?真冬の空のように撮れてしまった。
でも、実際セーターを着るほど寒かったので、寒空には違いありません。
紅葉している木を撮ったのだけど・・・ありゃ、真っ黒。

16052009  近くの公園でございます。
  公園といっても、アベニーダ
  英語ではなんていうんだっけ?
  アベニュー・・・は、フランス語?
  英語もアベニューでいいんだっけ?
  まいっか。アベニュー(大通り)の
  中間に設けられた公園です。
  圧倒的にランニングや
  ウォーキングをしている人が多く、
  わたしみたいに目的地に向かって
  歩いている人はあまり居ないです。
  徒歩はいけないの?
  いけなくないよね。
  この日もどんより曇っていました。
  車に囲まれてはいるけれど、
  植物にも囲まれて、気分はいいです。

19052009  ここ最近は、晴れる日もあって
  日中あたたかです。
  この日もよく晴れて、汗ばむ陽気。
  太陽は偉大なので、隠れると寒いし、
  現れると、暑いくらいまで活躍します。
  写真は、ほとんど家の前の木。
  意味分かんないね。
  家から30秒くらいの所にある木。
  隣りの隣りのマンションの木のはずです。
  家のまわりの黄葉も結構きれいで、
  外に出ると、秋を感じられているみたい。
  最近暖かいので、アンデスを見たマードレは、
  山の雪が減った!と言っていました。
  信じるかどうかはあなたに任せます。
  気温は下がったけど、真冬はまだらしい。
  自分の好きなものを着られる季節です。

今日の日中も暖かいだけあって、半袖の人率が一週間前より高かったです。
でも、半袖はさすがに寒いよ・・・と思ったら、今日はキャミ姿の女性も発見!
最近、半袖の人数えるのが日課になってきたかも。
下の写真は、今日の日が暮れる前の写真。どう?暖かそう?わかんないね。

20052009

27日は長居スタジアムでチリ戦よねー。
インフルエンザの問題に対して、日本でも対策を考えているって報道しているのかな?
こちらでもインフルエンザ感染者数急成長の現在世界第4位の日本に、
しかも大阪に行くとあって、選手の心配をするようなニュースが流れていました。
そちらの状況はいかがですか?みたいな具合に、電話で日本に居る記者と交信していました。
日本人じゃない記者なんだろうな。顔は出ていなかったけど。
ニュースで日本と交信しているのは、初めて見ました。うれしいような、悲しいような。
そうそう。インフルエンザのニュースで、日本の話題の時、中国の映像を流すのはやめてほしいものです。
27日はこちらでも中継するんだろうから、楽しみにしておこうかな。

どらやき  こちらの韓国食料品店で買った、どらやき。
  地球の裏側でも、こんなものが手に入るのよ。
  すごいよね。冷凍モノだけど。お高めだけど。
  袋に大きく「日本製」って書いてあったけど、
  あやしいもんだと買ってきたら、ちゃんと日本の味でした。
  手作りするほど欲しくはないんだけれど、
  たまにあると、うれしいものなのね。
  最近は、納豆もほぼ毎朝食べました。
  日本人に、食べてます?
  と聞かれて食べたくなってしまったの。

明日は海軍の日で祝日でーす。金曜日は平日だけど学校等は、“サンドウィッチ休日”だとか。
四連休にして飛行機にでも乗ろうという話も出ていたのに、今回のインフルエンザ騒動で流れました。
静かな休日にしておきましょう。
[ 2009/05/21 11:04 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。