スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 日本のアニメ 

テレビの中から日本語を聞く機会などないだろうと思っていたら、NHKチャンネルがあるのね。
それもニュースは、ほぼリアルタイム。放送権がなくて、静止画像になってしまうものも少なくないけれど。
まさか日本人による日本語の日本国内のニュースが地球の裏側で見られるとは。
朝の連続小説だって、大河ドラマだって、毎回かかさずに見ることができてしまう。(見てないけど。)
日本が夜中の時などは、海外向けのNHK番組が流れているみたいで、
わざわざ英語で喋っているのを、わざわざ日本語に吹き替えていたりする。なんか、変なのー。

我が家のテレビは、CNN CHILE か CNN en español か ハリウッド映画 がついていることが多い。
あと、アニメ。日本のアニメを一日中放送しているチャンネルもある。 ⇒http://www.etc.cl/
ここは、1日に2~3回同じアニメを放送しているの。世界のジャパアニメはすごいんだね。

昔見ていたアニメは、楽しくて見てしまうよ。 ドラえもん と ドラゴンボール あたり。
今、「ドラえもん」って、一発変換できたことに感動!さすがだ、ドラえもん。おぉー、再び素晴らしい!
押入れに寝ているドラえもんも、畳に寝転ぶのび太クンも、ぺらぺらスペイン語を話すのは
ちょっとおかしいけれど、強烈な違和感がないところが、すごいなって思う。
ただジャイアンの声が高いんだよね。男の子って感じ。ジャイアンじゃなくてヒガンテだし。

ドラゴンボールは、人気なのか ドラゴンボール と ドラゴンボールZ を別番組として放送中。
この間、マードレがテレビを見て声を立てて笑っているので、何かと思って覗いたら、
悟空がちょうどペンギン村に行った話を見ていたようで。
アラレちゃんが、「んちゃ!」じゃなくて、“オラ!” って言ってたよ。
こうゆうの見ると、日本語って本当に多様性がある言語だよね。アラレちゃんは、「んちゃ!」でしょ。
でも、悟空の声は本当に違和感ないの。そのまま。大きくなった悟空は、男性の声だったけれど。
「よっ!オラ悟空」が、“オラ!ソイ ゴクウ”だった。なんか似てるー。

ラテンアメリカ放送用の吹き替えは、メキシコで行われているらしい。
どのアニメを見ても吹き替えられているから、すごいよね。主題歌もすべてスペイン語。
新しいアニメでなければ、エンドロールのスーパーっていうの?その文字もすべてスペイン語表記。
本当に日本のアニメかっていうくらい、南米に馴染んでいるような気がしてきます。



  ¡ Vamos a buscar !  las esferas del dragón


と歌ってるようだけど、そのまんまだね。「さがそうぜ!ドラゴンボール」
おかげで節は違うよね。最初聞いた時は、ムリヤリー?とちょっと笑いました。
あ、歌は最初、「つかもうぜ!」ではじまるのか。反対なんだ。へぇー、今気付いてみた。
ちなみに、この映像は日本語歌詞などが出ているけれど、
こちらで流れているものは日本語は一切出ません。絵のみ。
こんな調子でアニメ主題歌は、全部スペイン語の歌になっています。

あと、このチャンネルは番組と番組の間に日本の歌が映像付きで流れることがあって。
今まで見たことあるのは、アジカン、レミオロメン、あゆ、ラルク、モー娘。、秦基博、嵐、あと
安室奈美恵 with スーパーモンキーズ。西武園ゆうえんちでボクと握手!みたいな、
アイドル王国みたいな所で歌ってるの。わかる?いつの何の映像だーって思うような。
浜崎あゆみの映像も、ミュージックステーションちっくだったよ。すべて途中で切れます。

他のチャンネルでも日本のアニメを見たことはあって。ほんとにすごいんだね、日本の文化だね。
見かけたことのあるもの、ちょっと調べてみました。

* Dragón Ball ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ドラゴンボール」
* Doraemon ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ドラえもん」
* Shin Chan ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「クレヨンしんちゃん」
* Pokémon ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ポケットモンスター」
* Black Jack ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ブラックジャック」
* Príncipe del Tenis ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「テニスの王子様」
* Yugioh GX ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「遊戯王」   ジュッヒッオー!って宣伝してます。
* Inuyasha ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「犬夜叉」   これも、イヌジャシャ。
* Cazador X ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「HUNTER×HUNTER」
* Idaten Jump ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「韋駄天翔」
* Espíritu del Lucha ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「はじめの一歩」
* Neón Génesis Evangelión ・・・・・・・・・・ 「新世紀エヴァンゲリオン」
* Samurai X ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「るろうに剣心」
* Mushishi ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「蟲師」
* BLEACH ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「BLEACH」

きっともっと放送されてるんだろうね。前はスラムダンクとか、コナンとか、ママレードボーイもやってたそうな。
わたしには、Disneyチャンネルのプーさんくらいがちょうどいい。
ミッキーが出てきた途端に忙しくなる。
スポンサーサイト

 週末に 

エビピザ

我が家お気に入り、近くのお店のピザ。
いつも窯で焼いてもらってテイクアウトしています。
たしかイタリアンレストランのはずなんだけど、まだ一度もそこに座って食べたことはありません。
ある日両親と三人で外出帰りに寄って、焼いてもらっている間待っていたら、
お店のお姉さんに、売り物のチョコレートを1つもらってしまいました。
いくつに思われたんだろう・・・もしかしたら、貴女と同い年くらいかもしれないのに。
お味付けはこちら仕様でちょっとしょっぱいのですが、癖になるピザです。

あんこのお豆腐ムース
    *    *    *   

あずき缶と生クリームとお豆腐
だけで作れる、超簡単ムース。
と言っても、こちらではあずき缶とお豆腐は、
どこででも手に入るわけではないけれど。
日本人にはなかなか好評だったようですが、
こちらの人はどう感じるんだろう?
後日の反応が楽しみです。

[ 2009/03/30 10:25 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:4

 買い物カゴ 

日本はそんな季節よねー。とケツメイシの「さくら」を聴きながら。

大きな、あるいはたくさんのお買い物をするときは、ショッピングカートを押しながら。
まとめ買い派の我が家は、日本でもよく使っている。
こちらのショッピングカートも同じ。
ただすこし大きい気はするし、実際押した感じ小回りも日本の方がたぶん有能。
日本でカートを押していても、人にぶつかりそうでも本当にぶつかることはほぼないけれど、
こちらではカートを押している人に、よく「すみません。(どいて)」と声をかけられる。
カートの性能というより、国民性の違いかもしれないが。

買う物が少ないときは、買い物カゴを持つでしょ。
こちらは、買い物カゴを引きます。
まだわたしは日本では見たことがなく、可愛らしいカゴなので妙に気に入っています。
と言っても、日本のカゴに車輪を付けて引くタイプに変えただけのような感じなんだけど。
多少重くなっても気にせず引っ張れるので、便利。
コレ日本も使えばいいのに。
と思うけれど、ある程度売り場に広さがないと不便かしら。コンビニでは使えないだろうね。

ある日、自分の引いているカゴを写真に撮ろうかと思ったところに、
可愛い光景がわたしの横を通り過ぎ、ふたたび戻ってきたので思わずパチリ。

買い物中

写真は、近くの最近リニューアルオープンしたスーパーマーケット。

あ、そうか。日本はカートに買い物カゴを乗せて押すタイプが多いんだよね。
だからカゴに直接車輪を付ける訳にいかないのかー。(ひとりで勝手に納得。)
[ 2009/03/30 09:24 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:5

 でーこんてーてーて 

タイトルは、岡山弁で 「大根炊いておいて」。

近所のスーパーに大根があったから買ってきた!とちょっと嬉しそうなマードレ。
どれどれ? これこれ!

RÁBANO BLANCO

おぉーーー・・・・・・ちっちゃいね。
しかし、食べてみるとちゃんと大根だった。
お味噌汁やお粥、大根の小海老と炊いたのまで。
改めて体にやさしい野菜だと思えた。
ただ日本の甘い大根と比べると、だいぶ味が薄く感じられるかもしれない。

写真の限り、日本で見る普通の大根と差を感じないなぁ。
ならば、一緒に買ってきたバナナと撮ってみよう。
という訳で、並べて記念撮影。

Rábano blanco y Platano

大根約70円。バナナ7本ついて、1房約130円。
割に合わない気がした午後だった。
[ 2009/03/29 10:46 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

 士官学校 

目の前は学校と書きましたが、陸軍士官学校なのです。
道路に面した正門正面の広場は、正式な行事などが執り行われる場所のようで、
軽装でのランニング姿を見たことはありますが、通り過ぎるだけ。どうやら、正装をして出るところみたいです。
グランドはまた別に正門から離れた所にあり、走ったりサッカーしたり。
ジョギングは敷地内をくるっと一周、丘のようなところまで群を成して走って行きます。
そんな姿まで手に取るように見えてしまうんです。

士官学校-1

こちらへ来てまだ日が浅い頃、プップカプーッと音がしてきました。
見ると、制服を着た子たちが行進や隊列の練習をしています。
日を増すごとにその練習が多くなり、強化されていくので、これは本番が近いぞ。と察知。
しかし、列の整い具合は甘いし、行進の仕方もそれぞれだし、それでいいのか?さすが南米。
北朝鮮のそれとは比べものになりません。我が高校並みかもよ。←それは言い過ぎ。
楽器隊も、行進しながらの演奏がもちろん大変なのは分かるけれど、それでいいのか。
日々あんなに練習しているのに、あまり上達はみられず。最初よりは、ちょっとうまくなったのかなー。
木管はわりとキレイに聞こえるんだけど、特にラッパ隊のFのピッチが悪すぎ。ああ、身につまされる思い。
練習は朝8時からになり、夜8時過ぎることもあり、土曜日にも行われ、国旗も立ち、ついに本番か!
と思ったら、通し練習が行われていたのでした。

ある休日、外出から帰ってくると、学校内がお客さんで埋められているではないですか。
午後7時過ぎ。これはまさしく本番。
このお客さんの雰囲気は、きっと学校関係者と生徒の親御さんに違いない。
練習通りの音と共に、正装をした生徒たちが登場してきます。

士官学校-2

緊張したのか音に少し張りがないような。
それでも、練習と同じ音程の悪さで、同じような甘い整列で行われていました。
何か校長先生のような偉い方がお話されているようでしたが、マイクを通した声はよく聞きとれず、
ましてやスペイン語。何を言っているのか最後までさっぱりわからず。
話長いな~。日本だけじゃないのね。偉い人の話が長いのって。
でも・・・これって、たぶん、どうやら、卒業式・・・?

士官学校-3

ご家族の方も、子供たちの勇姿を楽しみに見に来たんだろうね。
正面の校舎は、おそらくホールか何か。中でも式典が行われていた様子。
テレビカメラも取材に来ていたので、どれどれとCNNをつけてみたら中継していました。

毎週金曜日の午後8時頃になると、各々キャリーバッグのような物を持って、
普段の制服を着た生徒たちが、正門の方まで歌いながら行進してきます。
何か号令のようなものと敬礼をして、各自解散。
寮制のようで、週末になるとそれぞれの自宅へ帰って行くみたいです。
日曜日の午後9時前から11時頃の間には、同じくバッグを持って、それぞれ学校へ戻ってきます。
生徒たちは、必ずある地点でバッグを置き、門近くの銅像に向かって敬礼。
立ち止まって敬礼のみする子もいれば、足をピシッと揃え直してから敬礼する子、その姿もそれぞれ。

今は静かです。もしかして遅い夏休み??学校というところは活気が溢れていて好きです。
若い子たちは見ていて飽きないので、おばさんはいつも結構興味津々に見ています。
中には格好イイ子も居るらしいので、今度地下鉄あたりで会えることを期待して。
9月の陸軍記念日には大きな式典が行われるらしいので、今から楽しみです。
それまで居られるかどうか知らないけれど。

 丑三つ時 

また遅くなってしまったと、日本では丑三つ時と呼ばれる頃、お風呂に入っていたら、
また 停電。

一度ふーっと窄まるように暗くなり、30秒後くらいに点灯。再度すぐ窄まって完全に停電してしまった。
先日から連日、夜中寝ていると、なにやら部屋の隅に気配を感じるので、
マードレにお祓いしてもらって(ちなみにマードレはお経のひとつも読めない、ずぶの素人です。)、
最近ようやく安眠できるようになったところだったので、
よもやよもや、よもやの霊の仕業ではないかと、正直少々びびくりました。
(部屋の霊的気配は、わたしの体調不良の仕業に違いありませんので、ご心配なく。もう元気です。)

わたしのお風呂は窓も何もないので、本当に身動きもとれないほど真っ暗。
ほぼ上がる直前のような時点だったので、とにかく明かりをとお風呂の外に出ようとしたら、両親の声。
どうやら起きてきたようで。
お願いして、携帯電話の明かりをいただきました。

起きてしまった両親の話によると、ものすごい音とともに停電したそうで。
一度点灯した後、もう一度ものすごい音がして完全停電したらしい。
そのものすごい音で起きてしまった両親なのでした。

一夜明けて、原因はマンション近くの交通事故によるものだと明確に。
車が電柱に衝突(ここで一度目のものすごい音)、
その後電柱は耐え切れず転倒(これが二度目のものすごい音)、
で、停電。だったようです。

パードレは、一度目が覚めてベッドに戻って寝たことは寝たみたいだけれど、おじいちゃんなので、
いつも通り早朝に目が覚めてしまったらしく、停電が4時半頃復旧したことを知っていた。
マードレは、風呂場のわたしを助けてくれた後、あちこち一通り我が家の窓から外を点検。
あとから聞くと、事故の場所もその時分かっていたようだし、どの区域が停電したかも把握していた様子。
わたしは、無事パジャマを着て自分の部屋に行けてよかったけれど、
ドライヤーが使えず、タオルドライと自然乾燥で、明日は頭爆発だぁー!と覚悟を決めて眠った。

しかし、車が突進した衝撃だけで倒れてしまう電柱って・・・
一夜にして復旧してしまうことにも驚きましたが・・・
まわりと比べてやけに白い電柱が立ちました。もう倒れないでね。

工事終了間近!

たぶん南米一の真面目国。でもやっぱりラテン。
[ 2009/03/28 10:43 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 ジャガイモゆで団子 

輸入品のニョッキ。
イタリア語の説明の上から、べったりスペイン語のシールが貼ってあったので、
ある翻訳サイトにかけてみた。

***************************************************************

Preparación :
1. Retire los ñoquis desde su envase. viertalos en agua hirviendo (y salada a gusto).

2. Mantenga los ñoquis durante 2-3 minutos. hasta que éstos empiecen a flotar.

3. Retire los ñoquis y agrege salsa a su gusto.


準備 :
1. 彼らの容器からのñoquisを退かせます。
   彼らを沸騰している(そして、喜びに塩漬けにされる)水へ注ぎます。

2. 2-3分の間にñoquisを維持してください。これらまで、艦隊に始まってください!

3. 彼らの喜びにñoquisと教授資格ソースを退かせてください。

***************************************************************

印刷がいまいち見えなくて、 a flotar のところを、間違えて a flata ! としてしまったから、
余計におかしいことになった。

ちなみに、ニョッキはイタリア語で ‘GNOCCHI’ 。
タイトルは、gnocchi をこのサイトのイタリア語翻訳にかけた結果。

イタリア語もスペイン語も読まずに買い物するマードレは、すばらしい。

ニョッキ  おいしかった。
[ 2009/03/27 10:37 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

 日本語の表現 

最近、マードレの日本語がおかしい。


一緒に台所に立っていた時のこと。
骨付き豚肉を3枚焼きたいのだけれど、どう見てもフライパンに2枚しか入らなそうな時に一言。


「3つは苦しいでしょ」


うーん。その表現でもいいけれど、前だったら「厳しいでしょ」って言ってなかった?
完全に豚の気持ちだね。



またまた料理をしていた時のこと。火加減の指示が飛んできた。


「火ぃ、濃くして。」


言いたいことはわかるけど・・・まちがってもないけれど・・・、ちょっとおかしくない?
スペイン語も習得してないのに、日本語忘れないで。
[ 2009/03/27 10:32 ] 日記 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 ガチョウとブタ 

こちらには、薄切りのお肉というものにめったとお目にかかれません。
スーパーにたくさん並べてあれど、骨付きやら、塊やら。
ミンチもほぼ牛肉と決まっています。

こちらへ到着して一週間も経ってない頃、薄切りのお肉に出会いました。
おぉー。めずらしい。
分からない単語が書いてあるも、「鳥」と書いてあるし、美味しそうだから買ってみよう。とマードレ。
食べるとなると、やはり分からない単語は気になるもので。
家に帰って調べてみると、ガチョウでした。みなさん、ガチョウのお肉食べたことあります?

牛肉のソトモモ

鶏ほどクセがないわけではないけれど、嫌な臭みもなく、美味しくいただきました。

・・・・・・・・・で。

ガチョウってどんな鳥だっけ?という話題になり、
カモの仲間だっけ?とか
アヒルみたいな鳥じゃなかった?とか
アヒルのちょっと大きい版じゃない?とか、
みんなの知恵でなんとか、「ガチョウ」という生体の認識を共有できた。
つもりだったのに、またマードレのガチョウ話がだんだん遠くへ行ってしまっている気がしたので、
いま食べてるの、 チョウ だよ。 わたしたち、 チョウ は食べてないよ!
と言ってみた。そしたら、やっぱり勘違いしていたようで。

・・・と思ったら、それ自体が勘違いだと後日知りました。
pollo ganso (pollo=鶏肉、ganso=ガチョウ)というのは、牛肉のソトモモだそうで。
こちらの国特有の呼び名だそうです。
どおりで・・・それなら納得。あれは鳥じゃないよね、お肉だよねー。
こんなことが頻繁にある国なのでございます。

 ☆       ☆       ☆

ところで、こちらは豚肉が非常に美味しいです。
お肉の中で一番おいしく感じます。どこで買ってもハズレがないのが豚肉。
今のところ、東京で買う豚より美味しいと思っています。
この日はマードレがトンカツを作ってくれました。

ブタ

焦げ気味に見えますが、パン粉の色です。というか、パンの色です。
ちょっと大きいかと思えたけれど、骨もあったし、ぺろりとたいらげられてしまいました。

こんな食事をしていると、団長の「体系を維持しつつね」という言葉が頭を駆け巡ります。
[ 2009/03/26 10:21 ] 食べる | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

 DEPARTAMENTO 

日本、おめでとうございます!
9回表までの情報は、インターネットの速報でキャッチしていたんですが・・・、寝ちゃった。
WBCの話題はNHKでしか聞かなかったけれど、決勝戦の結果はこちらのニュースでも流れていました。
勝ったね。よかったね。正直V2はないかと思っていました。 わーい、イチロー。

さて。ここのところ我が家は、ブレーカーがおちて電気が止まるばかりしていました。
電気が通らないと、ガスもつかずインターネットもできなくなるわけで。
今日、業者のお兄さんが来てくれたようで、元通りになった様子。

今回は、リクエストの多い(?)我が家の様子を紹介します。
このあたりを知っている人が見たら、どこどこのだれだれさん!て分かってしまうので、
ここは駆け足駆け足!ε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o ←意味なし。

昨夏、両親が何軒か見てまわり、住居さがし。気に入った候補は、2軒。
1つは、エントランスから居住スペースまで豪華な造りで、高級住宅地とよばれるところに立地する物件。
1つは、リビングダイニングが広めで、パードレの会社へも歩いて行けて、地下鉄からもすぐの物件。
当初から車を持つ予定のなかった両親は、後者を選びました。(パードレの会社は移転しましたが。)
先日、前者物件のお宅へお邪魔する機会がありましたが、やはりキレイ~。我が家とは大違いかも。
でも、わたしも今の家を選んだはず。駅近はとても便利で気に入っています。

そんな我が家から見える風景です。

風景1

影が伸びて、だいぶ陽が傾いています。中央上部分には、月もうっすら。
まだサマータイムだった頃の19時過ぎに撮った写真みたいです。
真正面にアンデス山脈が望めます。
夏なので山の雪が少ないですが、寒くなってくると雪の白色がとても綺麗に映えるそうです。
わたしもまだ写真でしか見たことないので。もうしばらく先の楽しみです。
正面近くに見えるのは、学校です。
我が家は今まで何度か引越したことがありますが、学校の目の前ということが本当に多いです。
「学校の立地=安全 」という方式があるのならば、住みやすい所で暮らしていた・・・ということかな。

アパート敷地内にプールもありますよ。
でも、このプールに入るには勇気がいると思いませんか?

風景2

丸見え なんですもの。でも、時々1組、2組入っているのを見かけます。
この日はカップルが仲睦まじく入っていらっしゃいました。

わたしの部屋は南西向きで、お昼過ぎからぐんぐん温度が上がります。
住居とオフィスが見えるだけで眺めはよくありませんが、夕焼けはきれいだったりします。

風景3

日本の家よりはずっと広いので、家中掃除すると非常に疲れます。
こちらの日本人は、大多数がお手伝い(こちらでは、ナナ)さんを雇っていますが、
その気持ち、掃除をしていると分からなくないな、と思います。
小さなお子さんが居たり、自宅で接待を頻繁にしなくてはならないようなお家は、特に。
最初はお願いしようかと言っていた我が家も、この度女手が2つになったので、
どうやら雇う予定がなくなったみたいです。今後は分からないけれど。
でもね。わたしたちみたいにね。使い慣れてないとね。それはそれで疲れるみたいよ。気を遣って。

おまけで、あと2枚。

風景4

家の近くの公園。
お昼には、ランチをしているおじさんや井戸端会議中の奥様たちに出くわしたり、
お昼過ぎには、ナナさんと遊ぶ子供たちに出会えます。

風景5

家から少し歩くと、オフィス街にも行けます。
こちらは、こんなガラス張りのビルが多いです。流行りかしら。
来て間もない頃は、夕陽がビルに反射して→反射して→反射して、
夕飯を食べているわたしたちを照らしていました。
なんだか、ものすごく、まぶすぃー思いをして食べるのです。
サマータイムも終わって、日が暮れるのが早くなってきた今では、もうないかな。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。