スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ボルベール 

わたしはこの “Volver” という歌が好きです。

元々はアルゼンチン・タンゴの歌で、カルロス・ガルデルが主演映画で歌ったのが
はじめらしいのですが、昨年4月に亡くなったフラメンコ界の名手チャノ・ロバートが
感銘を受け、ブレリーアのリズムで歌ってから、スペインでも有名になったと聞きました。
映画『ボルベール』の中でも、エストレージャ・モレンテによるフラメンコ調のものが
劇中で使われて、非常に素晴らしい効果を上げていました。
アルゼンチンのお隣チリでもみんなで合唱できるほど有名みたいです。
もしかしたらその時、アルゼンチン人やスペイン人の集まりだったのかもしれないけれど。
わたしも宙で歌えるくらいになれたら、と思いました。

そこで無謀にも自分なりに訳してみました。わたしのスペイン語力なので、酷いです。
間違いだらけです。訳詩って、難しい。しかも、この「今」という非常に短い時間で作ったので、
日本語が実に美しくありません。あしからず。

*  *   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

彼方の光の瞬きが 私を故郷へと導く
それは苦悩の時間の底で 反射して色あせた光と共に 明るく照らす光
たとえ帰りたくなかったとしても 人は常に故郷へと戻る
揺るがない道はこだまする 故郷での暮らしも 愛も 君そのものと
あざけるようにぼんやりとした星の下 今日私は帰郷する

帰郷 しわの寄った顔 歳月は雪を降りらせ私のこめかみを銀色にした
感傷 人生は束の間 二十年は一瞬
熱を帯びたまなざしで陰を彷徨い 君を探し呼ぶ
人生 心は甘い思い出にすがり 再び涙を流す

再会に恐れ 過去は甦り 私の人生と対峙する
思い出に満ちた夜に恐れ 私の夢と結びつける
旅人は逃げても いつかは立ち止まる時が来る
たとえ忘却がすべてを破壊し 私の昔からの幻想を消し去ったとしても
慎ましい希望を抱く それが私の心の女神

人生 心は甘い思い出にすがり 再び涙を流す


Yo adivino el parpadeo de las luces que a lo lejos, van marcando mi retorno...
Son las mismas que alumbraron, con sus palidos reflejos, hondas horas de dolor.
Y aunque no quise el regreso, siempre se vuelve al primer amor.
La quieta calle donde el eco dijo : Tuya es su vida, tuyo es su querer,
bajo el burlon mirar de las estrellas que con indiferencia hoy me ven volver...

Volver, con la frente marchita, las nieves del tiempo platearon mi sien...
Sentir... que es un soplo la vida, que veinte años no es nada,
que febril la mirada errante en la sombras te busca y te nombra.
Vivir, con el alma aferrada a un dulce recuerdo, que lloro otra vez...

Tengo miedo del encuentro con el pasado que vuelve a enfrentarse con mi vida...
Tengo miedo de las noches que, pobladas de recuerdos, encadenan mi sonar...
Pero el viajero que huye tarde o temprano detiene su andar...
Y aunque el olvido, que todo destruye, haya matado mi vieja ilusion,
guardo escondida una esperanza humilde que es toda la fortuna de mi corazón.

Vivir... con el alma aferrada a un dulce recuerdo que lloro otra vez...

*  *   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

そして、この度わたしも帰国することになりました。あっという間の1年間でした。
いつものように我が家は最後までバッタバタになる模様。もうすこし続ける気はあるけれど、
しばらくブログ更新できないと思うので、ここはひとまず、さようなら。
日本に戻って連絡手段を確保し次第、ご連絡申し上げますので、会えますよ~!
という方は、ぜひぜひ会ってくださいませ。

わたしはといえば、この1年でスペイン語はおろか、何も習得できなかったのに、
幅広い体(特に、でっぷりお腹に、どっぷりお尻。)と小麦色の肌+(プラス)、
シワとシミはバッチリ手に入れました。そんなとこだけ、チリ人化。もしかして味覚も!?

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。
スポンサーサイト
[ 2010/02/09 11:43 ] スペイン語 | TRACKBACK:0 | COMMENT:5

 ハローキティ 

また700という素敵なカウンター数を自ら踏みました。ああー・・・。

最近、テレビから聞こえてくるとやけに耳につく歌。



これは、英語ショート・バージョン。 こちらはもちろん、スペイン語なわけで。

K. I. T T. Y !! K. I. T T. Y !!  も、

ケー・アイ・ティティ・ワイ! ケー・アイ・ティティ・ワイ! ではなく、

カッ・イ・テテ・イー! カッ・イ・テテ・イー! なわけで。

突如歌い出すと、この歌を知っているマードレ(キティ嫌い)は、必ず笑ってくれる。

もしよろしければ、スペイン語ラテンアメリカバージョン (←クリック)も、どんぞ。

イラストと一緒に聞くと、意味は分かるけれど、一語一語間違いなく聞き取る自信はなし。

Su papá y su mamá. "¡ Y con Mimmy que es mi hermana !"
 ( And her papa and her ma, and there's Mimmy, she's my sister. )

って、キティちゃんの台詞くらいしか分からんし。

日本語も聞き取り替え唄するのが得意なので、仕方ないといえば仕方なし。

でも、悲し。


[ 2009/10/07 10:33 ] スペイン語 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0

 役に立たない西語 

知っている人には、今更な話らしいけれど、
『バイオハザード4』 の襲いかかってくる敵のセリフが、スペイン語だという。
しかもそのひとつが、“おっぱいのペラペラソース” に聞こえるらしい。なんだそりゃ。
スペインの片田舎を舞台にしているため、村人がみんなスペイン語を喋っているんだって。
その村人がモンスター化(ゾンビ化?)してしまっているから、スペイン語で襲われるらしい。
発売当時はテレビでも取り上げられ、ウィキペディアにも載っている有名な話みたい。
映像をちょこちょこ覗いてみたけれど、このゲーム超コワイのね。惨い。

で、聞いてみると・・・ほんとだ。聞こえる。

ペラペラソースは何と言ってるかというと、Vos voy a romper a pedazos. だそうで。
ボス・ボイ・ア・ロンペール・ア・ペダーソス・・・ ボボイペラペダソース・・・
うーん、なるほどー。でも所詮日本人、ペラペラソースの方が近いように聞こえるよー。

空耳特集というYouTube映像があったので、品位が問われそうだけど、ここに載せてみた。
たぶんこんなかんじ。というのは、書き出してみた。←暇人。 どの空耳かは想像でよろしくです。



  ¡Lárgate cabrón!  (出て行け、クソ野郎! )
  ¡Ahí está!  (あそこに居るぞ!)
  ¡Un forastero!  (よそ者だ!)
  ¡Vos voy a romper a pedazos!  (おまえをバラバラにしてやる!)
  ¡Te cogí!  (見つけたぞ!)
  La campana.  (鐘だ。)
  Tenemos que irnos.  (我々は行かなくてはならない。)
  Quiero matar.  (殺したい。)
  Te voy a matar.  (おまえを殺す。)
  ¡No degéis que se escape!  (おまえら、あいつを逃がすな!)
  Cogedlo.  (おまえら、捕まえろ。)
  Morir es vivir.  (死は生なり。)

ちっとも役に立たない、使えないスペイン語講座でした。
[ 2009/06/29 09:56 ] スペイン語 | TRACKBACK:0 | COMMENT:2

 スペイン語の勉強 

まだ我が家に居た頃のソブリンは、実にお笑い好きで(←おばばかの思い込み。)、盛んに
「グー」やら、「アイーン」やら、「オモロー」やら、そういえばアンガールズみたいにもなっていた。

それで思い出した訳でもないが、小島よしおがブレイクした頃、
Youtube にスペイン語版があると聞いて見たことがある。それがコレ。↓



この上なく、手作り感漂う映像。 “PERO NO TIENE NA(DA) QUE VER.” だって。
「でもそんなの関係ねぇ」という音に近いスペイン語を当てていて、感心した。
「へたこいたぁ~」が “QUE CAGADA.” というのも、なんだか絶妙。おもしろーい。

この畳の部屋に居るスペイン人、日本人の奥さんと福岡は天神にお住まいみたいで、
最初のヒソヒソも、音楽かけるのも奥さんにしてもらってると思うと、微笑ましい。
見終わると、夫婦揃ってスペイン語圏の人用に撮ったと思われる日本語練習映像がずらっと並ぶ。
ズラッと。いくつ撮影したんだと思うほど、ほんとにずらッッッと。
ちらっと見てみたが、それはそれで日本人としてはスペイン語の勉強になったりもする。

日本が好きなんだろうなー。しかし、へんな夫婦。
世界のナベアツにもなっていたので、一応載せておこう。


[ 2009/05/18 06:50 ] スペイン語 | TRACKBACK:0 | COMMENT:3

 歯が痛い 

乾燥しているからか、
空気が悪いからか、
暑いからか、

全身の毛という毛が一気に伸びた!! ・・・気がする。 (実際測ってないので、わかりません。)


ついでにと言わんばかりに、わたしの左上の親知らずまでがニョキっと伸びてきた。


歯が痛い。
というか、正確には、歯茎が痛い。


だから、こちらに着いて1週間もしないうちに病院に通わないといけなくなった。

かと思った。
今は全然大丈夫。痛くもなんともない。


一時は、本当に歯医者!?と思って、シチュエーション考えながら、辞書引きまくったりしたんだけど。

「親知らず」
スペイン語では、 muela del juicio = 「判断の歯」と呼ぶらしい。 (muela cordal とも書いてあった。)
こちらの本には、 tercer molar = 「第三の奥歯」と書いてあった。
ぜんぜんちがうじゃーーーん。

でも、外国人が日本語で何て言うんだろう?と調べたとき、
おやしらず~!? なんじゃ、そりゃ。と思うだろうね。


なんでもなくて、よかったよかった。
でもわたしって、もう5年以上、親知らず4本生えてきたままなんだよね。 やばい?やばい。

08/03/2009
[ 2009/03/15 12:38 ] スペイン語 | TRACKBACK:0 | COMMENT:0





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。